第2589回例会 2014.11.10

第2589回例会  平成26年11月10日(月) 晴
A  
◇“我等の生業”
   
◇出席報告
  会員:88名 出席:68名 出席率:77.27%
前々回(10月21日)修正出席率(81名):87.65%
   
◇ゲスト紹介
  R.I.第2760地区ロータリー財団委員会委員長 鈴木文勝君(小牧RC)
   
◇誕生日祝福
  千田夫人(10/20)、尾関君(10/22)、一柳君(11/3)、真木君(11/4)、山田(信)君(11/10)、水野(勤)君、栁澤君(11/13)、神谷君(11/14)、林君(11/15)、松宮君(11/16)
   
◇ニコボックス
 
R.I.第2760地区
ロータリー財団委員会
委員長・鈴木文勝君
 本日はロータリー財団の卓話をさせて頂きます。
 宜しくお願い致します)
栁澤君  ワールドフードふれ愛フェスタでは皆様ご
 苦労様でした。
 特に被災高校生支援委員会の皆様には
 お世話になりました。誕生日祝
本多君  WFFブース出展が無事に終了しました。
 皆様のご協力に感謝致します。
 R財団鈴木委員長を歓迎致します。
岡本君  WFFへの被災高校生支援ブース出展の
 成功をお祝い致します。
柏木君  WFFで抽選が当たり、おいしく酒を飲めました。
各務君  WFFお疲れ様でした
田島君  鈴木財団委員長を歓迎します
池戸君、小田君、
水野(茂)君、松田君、
佐治君、笹野君
 本多さんより写真を頂きました
後藤君  良い事がありました
水野(勤)君  ニコボックスに協力します。誕生日祝
加藤(義)君、カルマノ君  ニコボックスに協力します
尾関君、一柳君、
山田(信)君、神谷君、
林君、松宮君
 誕生日祝
千田君  夫人誕生日祝
真木君  誕生日祝、結婚記念日祝
新実君、清水君、
根木君、平松君
 結婚記念日祝
   
◇親睦活動委員会よりお知らせ(水野(茂)委員長)
   12月8日に年末会員家族懇親会がございます。みなさん手帳にお書き留めいただき、ご出席いただきますようお願い致します。ご案内は近日中にお手元へお届け致します。
   
◇青少年奉仕委員会よりお知らせ(佐治委員長)
   本日は世界インターアクト週間についてご報告させていただきます。
 インターアクトクラブは現在、120以上の国や地域で、25万人以上の青少年が地域のための奉仕活動と国際理解を深める活動をしています。
 最初のインターアクトクラブは1961年11月5日にアメリカ・フロリダ州のメルボルン高校で誕生しました。RI理事会はその誕生の日を含む1週間を、今年は11月3日から9日を、世界インターアクト週間としています。この週間に世界中のロータリーとインターアクトが共同のプロジェクトに参加して、地域社会の多くの人たちに我々の活動を知ってもらうことが期待されています。
 わが2760地区には16のインターアクトクラブがあり、募金活動、障害者・高齢者への支援活動、地域の清掃活動、海外研修等、活発に活動しています。
 インターアクトクラブの活動にご理解とご支援をよろしくお願い致します。
   
◇雑誌委員会よりお知らせ(平野委員長)
   今月の『ロータリーの友』にポリオ撲滅に関する、福井のロータリークラブからの記事が、横組みの27ページに載っていますので、お読みください。
 ポリオと同じようにウィルスによる病気で、いま世界中を驚かせているのはエボラ出血熱です。
 予防の拡大を防ぐ有効な方法について、エボラの発見者であるロンドン大学のドクターピオットは、火の元を絶つ、すなわち西アフリカの感染を押さえ込んで終焉させることだと強調しています。
   
◇囲碁同好会よりお知らせ
  本日「3階 梅の間」にて同好会がございます。
   
◇奥村幹事報告
 
1.  「地区大会」のご案内をお配り致しましたので、11月末日迄に事務局へお申込み頂きますようお願い致します。
2.  本日例会終了後「クラブ臨時総会」がございますので、委任状を出されていない方はお残り頂きますようお願い致します。
3.  次回例会終了後「理事役員会」がございます。24日が休会の為繰り上げ開催になりますが、よろしくお願い致します。
   
◇感謝状披露(鈴木副会長)
   先週の土曜日、当クラブが協賛しています名古屋市幼児教育研究協議会から感謝状を受けました。
  2589-1
   
◇山田会長挨拶
   今日もたくさんの会員の皆様にお集まりいただき、例会を開催できましたことに、まずもって厚くお礼申し上げます。
 今月は、ロータリー財団月間と11月5日から1週間は、世界インターアクト週間であります。ロータリー財団委員会田島委員長のご配慮で、卓話として地区ロータリー財団委員会鈴木勝文委員長より“「改革」新しいロータリー財団''のお話をいただけるようになりました。後ほどよろしくお願い致します。
 又、さきほど、インターアクト委員会佐治委員長より、インターアクトのお話しを頂きました。ありがとうございました。
 雑誌委員会平野委員長から「ロータリーの友」から興味ある記事の紹介をいただきありがとうございました。平野委員長のご配慮で、毎月各委員よりお話しを頂きまして、心から感謝申し上げます。今後ともロータリー活動のご理解と認識を深めるためよろしくお願い致します。
 11月3日の地区ロータリーデー・日本ロータリーデー「ワールド・フード+ふれ愛フェスタ」はいかがでしたでしょうか。
 前日の雨も上がり素晴らしい天気のもと、大勢の来訪者でにぎわいました。
 当クラブとしては、クラブバナーのみで、テーブルも椅子もなく、集まった会員の人で全員立ったまま、事務局が用意してくれたロータリーソングだけを歌いました。
 さらに被災高校生支援委員会の行事として、千田パストガバナーはじめ当東ロータリークラブの各委員の皆様による、キャンペーン行事の3日間は本当にご苦労様でした。
 会場には「ポリオのない世界まであと少し」の大きなポスターをはじめ、33の各ロータリークラブ別の活動状況ポスター展示、35のふれあいゾーン展示等、ロータリークラブの活動に対し、地域社会の人々に関心を持ってもらうように努力がなされていました。
 今年度のC.K.ホアンRI会長は「ロータリーに輝きを!」をRIテーマとしています。そのための方法が、各ロータリー、各地域、各国でのロータリーデーの開催です。
 ロータリーとは何か、活動内容とその楽しさや多くの経験を地域社会の人々に知ってもらい、結果として仲間を増やすことができれば、世界全体で大きなインパクトになるはずであると発信されました。
 次に将来の当クラブ・ロータリーデー開催に向けて参考になるものを探してみました。
 掲示されていた33のパネルの中で、クラブ独自のロータリーデーを開催していると思われるクラブは3分の1くらいありました。
 皆様はどんな感想を持たれましたか? 会員皆様からご意見を頂き、将来の当クラブ・ロータリーデー開催に向けた案をまとめ、次年度への申送りとしていきたいと思います。
   
◇講演(ロータリー財団月間に因んで)
  “「改革」 新しいロータリー財団”
国際ロータリー第2760地区ロータリー財団委員会
委員長 鈴木文勝
(紹介者 田島保紀 君)
  2589-2
   ロータリー財団に大変ご協力いただきまして、誠にありがとうございます。
 ロータリー財団も変わって来ました。一昨年度、千田ガバナー年度は3年間の「未来の夢計画」のパイロット期間最後の年でした。昨年度から全世界がそのシステム、考え方に沿って活動をしていまして、今年はその世界展開の2年目になります。
 なぜその改革が必要だったのでしょうか。
 ロータリー財団の使命が、2007年に「ロータリアンが、健康状態を改善し、教育への支援を高め、貧困を救済することを通じて、世界理解、親善、平和を達成できるようにすることである」と変りました。その前は、「文化交流プログラムを通じて」という使命がありました。
 世界では明日を生きることが難しいという国や地域がたくさんあります。そのような国を支援すべきだろうという考えが、財団の使命を見直し、「未来の夢計画」という改革を行うきっかけになりました。
 特徴的なのは、研究グループ交換(GSE)に変わって、職業研修チーム(VTT)という、もっと専門職に特化して、なおかつ平和と紛争解決、疾病予防と治療、基本的教育と識字率の向上等の重点6分野に該当するプログラムができたことです。
 活動をするためには、寄附が必要です。
 アメリカのチャリティー・ナビゲーターという奉仕団体の評価をする機関から、ロータリー財団は7年連続で最高評価をいただいています。財政基盤としても、その資金の使途に関しても、大変公共レベルが高いと認められています。
 今後ともロータリー財団へのご理解とご協力をよろしくお願い致します。
   
◇次回卓話(11月17日 “友愛の日”)
  “内モンゴルについて” 米山記念奨学生・石 宝 君
   
◇次回会合
  指名委員会(11時30分)・第5回理事役員会
PAGETOP