第2717回例会(2017.11.27) Regular Meeting

第2717回例会  平成29年11月27日(月) 晴
A  
◇“それでこそロータリー”
   
◇出席報告
  会員:91名 出席:64名 出席率:70.33%
前々回(11月13日)修正出席率(87名):90.80%
  Make-Up: 安藤君(11/22東南)、
本田君、野原君(11/18・19地区大会)、
岩口君(11/7城北)、柏木君(11/8大須)、
澤井君(11/16瑞穂)、千田君(11/18地区諮問委員会)
   
◇誕生日祝福
  池戸君(11/24)、余語夫人(12/2)、加藤(義)夫人(12/3)
   
◇ニコボックス
  鈴木君(1年間のご挨拶を本にしました。ご笑納下さい。
    やっと仕事が終わりました)
山田(哲)君(池戸さんにお世話になりました。
       鈴木さんより本を頂きました)
馬場君(鈴木さんより本を頂きました。ニコボックスに協力します)
池戸君(宮島さんにお世話になりました。
    鈴木さんより本を頂きました。誕生日祝)
余語君、加藤(義)君(鈴木さんより本を頂きました。夫人誕生日祝)
西川君(結婚記念日祝)
多和田君(鈴木さんより本を頂きました。結婚記念日祝)
安藤君、後藤君、濵君、林君、本多君、一柳君、稲葉君、石田君、
伊藤君、岩口君、鏡君、各務君、柏木君、川浦君、増田君、宮島君、
水野(茂)君、森川君、野原君、小田君、小川君、岡本君、奥村君、
奥野君、佐冶君、佐藤君、嶋谷君、生島君、末岡君、髙田君、
棚橋(鎌)君、棚橋(賢)君、渡辺(英)君、栁澤君、安井君、
福田君、亀井君
(鈴木さんより本を頂きました)
   
◇安井幹事報告
 
1. 本日例会終了後「理事役員会」がございますので、理事役員の方は「3階 萩の間」へお集まり頂きますようお願い致します。
2. 次回例会終了後「クラブ年次総会」がございますので全会員にはご予定頂きますようお願い致します。
3. メナード美術館より入場券を頂いておりますのでご希望の方は受付にお寄り下さい。
   
◇西川会長挨拶
   最近『なぜ中国人は財布を持たないのか』(中島恵著・日経プレミアム)という本に出会いました。
 中国はインフラが整備されていなくて、日本のようにATMがどこにでもあって、コンビニでもお金を下ろせる環境ではなかったのですが、今ではスマホで買い物できるようになりました。屋台での買い物もホームレスへの寄付もスマホ決済できるそうです。日本はいろいろな規制があって、こんな状況ではないと思います。
 テレビではアメリカと中国が太平洋を二分するという話が出て来ますが、そこに載っていた一文をご紹介します。
 「日中友好の秘訣は簡単である。日本が強い国になればよい。政治力、経済力、文化力、道徳や品格。日本に力があり、日本人が良い意味での自信と余裕を持ち続けるのならば、日中両国の平和は保たれるであろう」
 品格、経済力、それから創造力を私たちが持ち続ければ、一目も二目も置いてくれるようになるかと思います。
   
◇卓 話
  “東名古屋分区I.M.について”
東名古屋分区 ガバナー補佐
本多 満
  2717-1
   私のガバナー補佐としての役割はみなさんにお礼を言うことと、お願いをすることです。
 まずお礼を。ガバナー補佐の公式訪問が10月の初めに終わりました。周ってみて、各クラブいろいろなことをやっていて、自分たちのクラブをどうするかについてよく考えているとわかりました。
 先月のWFFでは東名古屋分区のブースを設けました。そこで東北の物産を売りまして、皆さんの協力で売り上げは昨年を上回って、トータルで70万円ぐらいでした。そのうちの収益金10万円を岩手県に寄付します。
 みなさんご協力ありがとうございました。
 これからはお願いです。今日はI.M.と桜の回廊について担当の方から説明をさせていただきますので、よろしくお願い致します。
   
  ○川浦正義 I.M.実行委員・内部広報担当
  2717-2
   I.M.とはIntercity Meeting、都市連合会という意味です。近隣都市の数クラブが合同して情報交換および親睦を行う会合のことです。今回11年ぶりに東RCがホストを務めます。
 開催は2018年2月26日(月)です。国際ロータリーのテーマ「ロータリー:変化をもたらす」、2760地区の方針「今日からのロータリーを楽しもう!」、東名古屋分区の方針「奉仕を計画し、活動を楽しもう」この3つのテーマ、方針を踏まえ、I.M.をはじめ、分区事業を推進して行きます。
 I.M.は例年のごとく第1部・式典、第2部・講演、第3部・懇親会という3部形式で開催します。
 第2部では「明日の会」代表のアーミン・モディ氏と「ルーム・トゥー・リード」日本事務局の今尾礼子氏よりご講演をいただきます。その後、奉仕活動の事例を東名古屋分区の4クラブより発表していただきます。
 第3部の懇親会ではクラシックの三重奏のアトラクションもあります。
 東RCの皆さんにおかれましては、各々役割がございます。どうぞI.M.が大成功できますよう、ご協力、ご尽力賜りたくお願い申し上げます。
   
  ○奥野幸一朗 I.M.実行委員
  2717-3
   I.M.の当日2月26日、皆様は14時集合でお願いします。式典の開始までにリハーサルを行います。14時半から、入会3年未満の会員の方は別室にて約1時間、新人研修がございます。
 開会は16時。第1部は西川会長の歓迎挨拶、ガバナー補佐挨拶、来賓、特別出席者の紹介など、約30分で終了します。
 第2部は16時半からで、モディさんに35分、今尾さんに10分お話しいただきます。4クラブの活動報告は各5分間です。その後、共同奉仕事業の説明をして、18時に終了の予定です。
 第3部・懇親会は18時15分からです。お食事・ご歓談、ピアノ、ヴァイオリン、チェロの演奏があります。そして、20時に終了の予定です。
   
  ○一柳文紀 環境保全委員長
  2717-4
   東名古屋分区と西名古屋分区の共同事業、桜の回廊プロジェクトについてご説明致します。
 このプロジェクトは、R.I.のイアン会長、神野ガバナーが提唱する、地球を持続可能にする植林事業で、また東山動植物園の開園80周年を記念する事業でもあります。
 昭和57年度に名古屋市内のロータリークラブからの寄付で東山動植物園内に回廊が整備されましたが、園内の主要通路まで回廊ができていません。そこで、拡張を図ることにしました。
 事業主催者は名古屋市内の25RCです。期間は2年で、本年度の1次事業と、来年度の2次事業に分けて実施されます。1次事業は来年3月11日(日)に植林作業と式典、懇親会を行います。2次事業は再来年の3月上旬を予定しています。
 植林場所は、東山動植物園のお花畑展望休息所の周辺で、植林後の懇親会の会場は星ヶ丘ボウルを予定しています。
 3月11日植樹当日の出席者は地区、市内全RC、RAC、IAC等の関係者ですが、東RCからスタッフとして私を含めて約15名にお手伝い頂くことになります。その依頼に上がった際は、ご協力を賜りますよう切にお願い申し上げます。
   
  ○補足(本多ガバナー補佐)
   当クラブがI.M.のホストを務めるのは今回が4回目で、次に務めるのは12年後です。実行委員会では、12年後このクラブの中心メンバーになる方にご活躍いただいています。
 桜の回廊は、水野茂生さんに植物園と話していただいて、25クラブ共同で植林できるようになりました。15年か20年後には立派な回廊になるでしょう。それまで長生きしていただきたいと思います。
   
 
   
  年末会員家族懇親会
  と き   12月11日(月)  18時より例会・懇親会
  ところ   例会場 2階  「天守の間」
     
   
◇次回卓話(12月4日)
  “ナゴヤが生んだ名企業”
日本経済新聞名古屋支社 編集部長
発田 真人 氏(紹介者 稲葉 功君)
   
◇次回会合
  年次総会(次年度理事役員決定)・囲碁同好会冬季大手合せ・懇親会
PAGETOP