第2713回例会(2017.10.30) Regular Meeting

第2713回例会  平成29年10月30日(月) 晴
A  
◇“四つのテスト”
   
◇出席報告
  会 員:90名  出 席:71名  出席率:78.89%
前々回(10月14日)修正出席率(75名):61.33%
  Make-Up: 馬場君、東谷君、宇佐美君、山田(信)君(10/15WFF)、
伊藤君(10/25名駅)、川浦君(10/12東山)、
増田君(10/16昭和)、岡田君(10/9丸の内)、
佐藤君(10/5瑞穂)、澤井君(10/13みなと)、
千田君(10/13北)、末岡君、椙山君(10/17千種)、
鈴木君(10/10千種)
   
◇ゲスト紹介
  ゲストスピーカー  飯塚悟朗君(第2750地区米山e-club)
米山記念奨学生  ヌールエルディン・ハッサン君
青少年交換学生  イーダ・ナターリア・レベッカさん
   
◇誕生日祝福
  稲葉君(9/22)、刑部夫人(10/3)、尾関君(10/22)、
福田夫人(11/2)、真木君(11/4)
   
◇ニコボックス
  鈴木君(飯塚悟朗さんようこそお越しいただきました。
    写真を頂きました)
伊藤君(飯塚さん卓話ありがとうございます。写真を頂きました)
本田君(海外に行っていました。写真を頂きました)
宮島君、寺尾君(笹野さんにお世話になりました。写真を頂きました)
澤井君(先回の八勝館ではタクシーをたくさんご利用頂き、
    ありがとうございました。写真を頂きました)
本多君(WFFの東名古屋分区ブース出展事業は雨の中でしたが
    無事終了しました。写真を頂きました)
棚橋(賢)君(交換留学生イーダさんをお迎えして)
山田(信)君(インドプロジェクトに協力します。写真を頂きました)
馬場君、後藤君、濵君、林君、石田君、岩口君、鏡君、各務君、
柏木君、加藤(義)君、川浦君、増田君、松宮君、宮崎君、
水野(茂)君、西川君、小田君、小川君、岡田君、奥村君、奥野君、
大野君、笹野君、佐藤君、生島君、椙山君、鋤納君、鷲見君、
多和田君、東谷君、渡辺(英)君、山田(哲)君、山中君、栁澤君、
安井君、余語君
(写真を頂きました)
稲葉君、真木君(誕生日祝、写真を頂きました)
尾関君(誕生日祝)
福田君(夫人誕生日祝、結婚記念日祝、写真を頂きました)
刑部君(夫人誕生日祝、写真を頂きました)
新実君、浅見(勲)君、松田君(結婚記念日祝、写真を頂きました)
   
◇広報委員会よりお知らせ(佐治委員長)
   皆様、My Rotaryへのご登録をお願い致します。操作は簡単です。是非ご登録いただきますようお願い致します。
   
◇親睦活動委員会よりお知らせ(生島副委員長)
   11月1日(水)に料亭「つたも」で開催します、東・千種・昭和3RCのお昼のお食事会は、駐車場がございませんので公共交通機関かタクシーでお越しいただきますようお願い致します。
   
◇安井幹事報告
 
1.  本日例会終了後「3階 松竹の間」で理事役員会がございますのでよろしくお願い致します。
2.  次回例会終了後「臨時総会」がございますのでご予定下さい。ご欠席の場合は委任状の提出をお願い致します。
3.  伊藤会員よりロイヤルホストの割引券を頂きました。ご希望の方は受付でお受け取り下さい。
   
◇西川会長挨拶
  2713-1
   故伊藤寛さんが収集されていたロータリーの切手を当クラブに預けていただきました。これをどうするか検討する中で、真木さんが寄贈先としてロータリー切手の会を見つけられまして、切手をそちらにお送りしました。今日はその会員の飯塚さんにお越しいただきました。飯塚さんからは、ニコボックスにご寄付をいただきましたので、この使い方はみんなで相談して考えたいと思います。
 さて、アメリカにセントピーターズバーグという町があります。今から100年前、町の中心部でも人通りがまばらでした。そこで、不動産会社の社長さんが、ベンチを50個置いてみました。すると、ベンチで休憩する人が増え、人々が溢れるようになりました。それを真似て、あちこちにベンチが置かれるようになりました。
 そのベンチの色がバラバラだったので、町の条例でグリーンに統一されました。そして、7000のグリーンベンチが設置され、人々がゆったりと過ごすようになり、商店街が賑わいました。
 その後、交通などの事情でベンチはなくなりましたが、このグリーンベンチの運動は世界各国に広がっているそうです。
   
◇卓 話
  “大阪国際大会切手発行よもやま話”
東京江北RC元会員(元会長)
現在第2750地区 米山e-club会員
ロータリー切手の会会員
飯塚 悟朗
(紹介者 鈴木建吾 君)
  2713-2
   2004年のロータリー国際大会は大阪で行われたことは記憶に新しいことと思います。
 この切手発行に関することをお話ししたいと思います。
 ご存知のように日本で国際大会は過去に2回開催されました。1961年と1978年です。大阪大会はロータリー100年を翌年に控え盛りあがっておりました。大阪大会の切手が発行されればいいなと思っておりました。私は切手収集家として郵政省のデザイン室、郵便課には自由に出入りしておりました。大阪の太田房江知事から、総務省経由で申請していることも情報を得ておりました。2003年6月千宗室さんと東京RCでお会いしました。
 私の情報として今回の大阪大会の切手は難しいと伝えました。それに対して千さんからは100%心配ない、京都の野中広務さん、大阪選出で郵政大臣の井上さんも確約しているからとのことでした。順調にいけばそれで終り、私の出番もなく郵便局の窓口で発行された大阪大会の切手のシートを何枚か購入して終りでした。
 11月に切手発行審議会が行われ大阪大会の切手の発行は不許可になりました。私は京都、大阪の有力国会議員の推薦で許可になると思っていたのですが、その間に政界では大きな出来事がありました。申請者の太田房江さんは自民党の推薦が得られなく秋の選挙は不出馬、野中広務さんは政界引退、井上さんは落選でした。選挙は11月9日、切手審議会は11月末でした。この時点で大阪大会実行委員会、千さんはコネを失ったのです。
 不許可を知ったのは12月の中旬でした。すぐに郵政省に行き経緯をデザイン室長から聞きました。一覧表で許可された案件、不許可のものにボールペンで書き込みがありました。復活の方法は無いか尋ねましたが、時間がないので100%無理と言われました。切手の発行はデザインが決まってから6ヶ月は必要、デザインは発行認可がないので駄目であるとの見解でした。何とかならんかとクドクド言ったので、ただ一つの方法は上層部のトップダウンでOKを1月末までに取ることであるが、これには手を貸せないと言われました。この場合の上層部とは高橋専務のことです。高橋専務はトヨタ自動車の看板方式の責任者だった人です。
 その日は水曜日でしたので、その足で東京RCに行きました。このクラブにトヨタ自動車の役員はいないか聞きました。東京RCの友人は何でトヨタ自動車か聞くので経緯を話し、高橋専務に橋渡しの出来る人が必要と言ったら、友人はそれなら東京RCに生田総裁がいるので生田さんに頼んだらと言ってくれました。
 例会終了後すぐ、郵政にもどり、生田総裁とアポイントが取れそうなので正月休みに復活した時のためにデザインを作っておいてほしいと依頼しました。
 1月14日東京RC会長と、生田総裁と私の3人で例会前に15分会いました。東京ロータリークラブの会長は三菱銀行の若井恒雄氏、かたや生田総裁、一切手収集家がお会いするので緊張しますが、エンブレムをつけると平等と割り切りました。
 話しを進めます。その席で私の名前、ロータリー切手の会会長名です。若井さんも口添えしてくれました。生田総裁は資料を見て「お預かりします」しか言いませんでした。駄目が90%かな、可能性は低いと思いました。
 夕方の便で韓国に行きました。16日に戻りました。戻ったら郵政公社の佐々木さんという人から電話があったというメモを渡されました。佐々木さんは知らない人ですし、月曜日電話をするしかないなと思っておりました。日曜日朝8時に佐々木さんから電話をいただき、「生田総裁から関係書類を預り善処するように言われたので発行する方向で計画します」と言われて呆然としました。佐々木さんは郵便事業本部長でした。現在は専務です。
 月曜日出張で静岡に居りましたら昼ごろ電話が入り水曜日に定例記者会見をするので、今日霞が関の本社に来て関係部署に挨拶しておいてほしいとの事でした。午後から多くの関係部署に行き挨拶しました。皆さんには「総裁に切手の発行を直訴した人」と好奇心を持って迎えられました。郵政130年間の初めての珍事と言われました。
PAGETOP