第2709回例会(2017.9.26) Regular Meeting

第2709回例会  平成29年9月26日(火) 晴
東・千種・昭和RC合同 神野重行ガバナー公式訪問
ホスト:千種RC 於 東急ホテル
A
2709-0
2709-1
A
◇“君が代” “奉仕の理想”
A  
◇ゲスト紹介
 
国際ロータリー第2760地区
A ガバナー 神野重行君(名古屋名駅RC)
  地区幹事 加藤定伸君(名古屋名駅RC)
   
◇3RC出席者数報告
  東RC:61名 昭和RC:42名 千種RC:30名
   
◇3RC会長挨拶
  ○西川誠也 名古屋東RC会長
  2709-2
   私ども東ロータリークラブの今年度のテーマは、社会奉仕と職業奉仕と親睦、シンプルにこの3つを掲げました。それに先立ちまして、やはりコミュニケーションが一番大事だと思います。
 その中で、今日久しぶりに千種・昭和・東と、3つのクラブが一堂に会して、普段会わない昔の仲間たちの顔があちらこちらに見えています。
 先ほど11時半から開かれた懇談会で、神野ガバナーから、金沢に赴任した時のことをお聞きしました。金沢には8つのロータリークラブがあって、そのクラブの会員同士のメーキャップは無料で、どこへ行ってもいいそうです。予算的な問題もありますが、できれば将来、この3クラブは会員がフリーで行けるようにできたらと思います。
 3クラブが今日のように一堂に会すことは滅多にありませんが、これからは積極的に何かいろいろな交流ができたら嬉しいです。
   
  ○渡邉直樹 名古屋昭和RC会長
  2709-3
   昭和RCは本年5月に創立25周年を過ぎ、これから50周年に向けて会員増強、退会防止を最重要課題として掲げました。そして、目標を年度初めの52名から創立当時の65名に設定しました。
 そのためには和気藹々、かつステイタスに溢れたクラブ作りが必要との思いから、「和み楽しむロータリー・ファースト」とのクラブ方針を掲げました。
 そして、神野ガバナーの行動指針と実践項目5つを速やかに実行することが、何よりクラブの品格をあげ、会員増強につながると確信し、まずクラブ戦略委員会を立ち上げました。そして、新会員もすでに3名を数えています。
 また、来年5月には特別事業例会として昭和区役所及び区民、インターアクトクラブとともに「ぶらり昭和区マップ」を辿って散策しながら清掃活動をする「ウオーキングクリーン昭和」を企画しています。
 私どもはこの事業を社会奉仕活動と青少年奉仕活動の一環として、地域社会へのロータリーブランドの認知度向上に役立てるための絶好の機会と捉えています。
 このように今日からのロータリーを楽しみながら、実践項目を1つ1つクリアして、会員増強の目標を達成することにより、さらなる奉仕活動につなげることができると考えています。
   
  ○吉田 玄 名古屋千種RC会長
  2709-4
   ロータリーに入会して、意外な言葉がありました。「職業奉仕」です。
 「ロータリーの目的」に「職業上高い倫理基準を保ち、役立つ仕事はすべて価値あるものと認識し、社会に奉仕する機会としてロータリアン各自の職業を高潔なものにする」という言葉があります。これを見て、極めて日本的だと思いました。
 日本では特に近世より儒学が尊ばれ、天職や「職業に貴賎なし」と、職業を神聖な務めとする考え方が広まりました。
 ロータリーでいう「役立つ仕事」がこれにあたると思いました。極めて日本的である「職業奉仕」「役立つ仕事」という言葉が米国で生まれ、ロータリーの重要な概念として引き継がれているということが大変意外でした。その辺からロータリーに馴染んで行ったのかもしれません。
 しかし、「職業奉仕」は大変難しい概念です。自分の仕事に精を出すこと=職業奉仕というのも少し違うような気もします。
 会長になってもまだこんな初歩的なことを言って申し訳ないですが、やはりロータリーは奥が深いと思います。
   
◇講 話
  国際ロータリー第2760地区
ガバナー 神野重行
  2709-5
   今年の国際ロータリーの会長イアン・ライズリーさんの会長方針は、「ロータリー:変化をもたらす」です。
 ロータリーの理念は、自らの職業の倫理性を高め、それを通して世界で良いことをしようということです。この理念を変えることはありません。ただ、その行動は時代とともに変化します。
 今の時代だからこそ、目的と理念を大切に守りつつ、世界で良いことをしようという自分たちの奉仕活動をもっと周りの方々に伝えていくことが必要でしょう。
 それには、私たちが自ら行動することによって、ロータリー活動の意義、楽しさをしっかり感じることが大切です。それによって、自らを変え、そして周りを変えていく力になる。と、いうことです。
 私はライズリーさんの国際協議会でのテーマ講演を聞いて、彼は大変革の時代のロータリーのリーダーにふさわしい人物だと感じました。
 その理由1つ目は、植樹という、ロータリーとして初めて地球環境問題に対しての行動を具体的に会長として提案したこと。
 この3クラブにおかれましては、本多ガバナー補佐のご指導の下、地区として植樹に取り組み、環境に対する配慮を進めていただいています。改めて感謝申し上げます。
 第2に、我々の行動によって周りをも変えていこうという考え方をはっきり打ち出したこと。
 私たちは奉仕活動をしていますが、我々の周りの人々がロータリーの活動を理解して、共感していただければ良いことの幅も奥行きももっと広く深くすることができる。すなわち、周りを抱き込む、周りに働きかける。これがライズリーさんが特に訴えている方針です。
 そして、第3に、会員の男女比率、平均年齢など、ロータリーの未来に向けての課題、問題点、この2つを明確に打ち出したことです。
 地区方針は「今日からのロータリーを楽しもう!」です。私たちは絶えず向上意欲を持って日々研鑽に励んでいます。その集合体であるクラブもより高いロータリーブランドの追求を目指していきたい。その追求が私ども会員の楽しみにならなければ、クラブの維持発展はできません。
 ロータリーを私も一緒に楽しませていただきます。皆様方にもご協力よろしくお願い致します。
   
◇出 席
  会員:90名  出席:61名
出席率:67.78%
前々回(9月4日)修正出席率(86名):84.89%
  Make-Up: 本田君、髙田君(9/7大須)、水野(茂)君、
小田君(8/30守山)、野田(直)君(9/12名東)
   
◇誕生日
  鏡夫人(9/24)、安藤夫人(9/30)
   
◇ニコボックス
  山田(信)君(水野茂生さんにお世話になりました)、鏡君、安藤君(夫人誕生日祝)
   
 
10月行事予定
経済と地域社会の発展月間/米山月間
2日(月) 夜間例会・新会員歓迎会(18時)
9日(月) <体育の日の為休会>
12日(木) 東・昭和RC合同ゴルフ懇親会
14日(土) WFF例会(13時 久屋大通公園)
(16日(月)の例会を変更)
17日(火) 千種RC創立35周年記念式典
24日(火) 夜間例会・I.D.M.(18時 八勝館)
30日(月) 飯塚悟朗氏(ロータリー切手研究会会員)卓話
第4回理事役員会・囲碁同好会
   
◇次回例会(10月2日(月) 18時)
  夜間例会・新会員歓迎会(2階 「青雲の間」)
   
◇次々回例会(10月14日(土)13時 16日の例会を変更)
  WFF(ワールドフード+ふれ愛フェスタ)例会
(久屋大通公園もちの木広場 B1パティオ Aゾーン)
PAGETOP