第2695回例会(2017.5.22) Regular Meeting

第2695回例会  平成29年5月22日(月) 晴
A  
◇“手に手つないで”
 
◇出席報告
  会員:90名 出席:71名
出席率:78.89%
前々回(5月8日)修正出席率(85名):91.86%
◇ビジター紹介
 
国際ロータリー第2760地区 東名古屋分区
ガバナー補佐 柴田 幸男 君
分区幹事 朝倉 淳一 君
   
◇誕生日祝福
  今村君、末岡夫人(5/21)、山田(哲)君(5/22)、佐藤夫人(5/23)
   
◇ニコボックス
  鈴木君、千田君
 (柴田ガバナー補佐、朝倉分区幹事ようこそお越し下さいました)
嶋谷君(スピーカーを紹介させて頂きます)
宮崎君(5月度ゴルフ例会で優勝しました。ありがとうございました)
宮島君(池戸さんにゴルフでお世話になりました)
柏木君(メナード美術館を楽しませて頂きました)
本田君(良い事がありました)
佐藤君(良い事がありました。夫人誕生日祝)
水野(茂)君、馬場君、稲葉君(ニコボックスに協力します)
今村君、山田(哲)君(誕生日祝)
末岡君(夫人誕生日祝)
渡邊(正)君、平野君、鏡君、鋤納君、寺田君(結婚記念日祝)
   
◇たべあるきの会のお知らせ(濵親睦活動副委員長)
   本年度最後のたべあるきの会を、6月5日に桑名のハマグリしゃぶしゃぶの「日の出」で行います。あと5名参加可能です。ご希望の方は事務局にご連絡頂きますよう、よろしくお願い致します。
   
◇國府谷幹事報告
 
1.  本日例会終了後、この会場で「I.M.実行委員会」がございますので、実行委員の方はお残り頂きますようお願い致します。
2.  次回例会終了後「理事役員会」がございますのでご予定頂きますようお願い致します。
3.  ホテルの名称が、2018年2月1日より、「ウェスティンナゴヤキャッスル」から「ホテルナゴヤキャッスル」に変更されます。
   
◇柴田幸男東名古屋分区ガバナー補佐挨拶(朝倉淳一分区幹事同道)
  2695-1
   今年度も残り約1か月となりました。次年度は東クラブから本多さんがガバナー補佐として出向されますので、期待をしています。
 さて、鈴木会長はクラブテーマを「三方善の考えの下に親睦を図る 〜職業奉仕を通じての社会貢献〜」とされて、重点実施事項を着々と実行されたと聞いています。
 当地区の服部ガバナーは、重点課題として「マイ・ロータリーに登録しよう」とお願いしました。つまりロータリーのブランドを再認識し、そしてロータリー財団が100年間人々を笑顔にして来たことを学び、積極的にこの地区の人道的奉仕活動を投稿するために、マイ・ロータリーへの登録をお願いして参りました。皆さんのおかげで登録は着々と進み、予定より多くの方に登録していただきました。ありがとうございました。
 次年度は、マイ・ロータリーを皆さんに積極的に利用していただきたいと思います。
 この1年間、地区及び分区に対してご協力、ご支援いただきましたことに、感謝申し上げます。
   
◇鈴木会長挨拶
  2695-2
   神社は、神宮、大社、神社、社といった分類ができます。
 神宮は昔、伊勢神宮のことだったそうですが、その後日本書紀の時代には伊勢神宮のほかに、石上(いそのかみ)神宮と、出雲大神宮すなわち出雲大社が神宮と言われていました。
 大社はもともと平安時代初期の延喜式神名簿に大社として載っている492の神社のことですが、かつて大社といえば出雲大社のことでした。
 神社には、たとえば神宮には天照大御神と豊受大神(とようけのおおかみ)、お稲荷さんには宇迦之御魂神(うかのみたま)というように、それぞれ異なるご祭神が鎮座しています。
 一方、人の霊魂が神様となった「人神」を祀る神社もあります。人が人を祀る「人神信仰」は、奈良時代の末期から見られるようになりました。
 中でも、輝かしい業績や立派な行いをした偉人を讃える偉人崇拝が、江戸時代から明治へと発展しました。
 この偉人崇拝は「祖先崇拝」に由来します。祖先崇拝とは、私たちが今、命があり、生かされているのは祖先のおかげで、その祖先を顕彰し、霊をお祀りしようという考えから生まれています。
 明治天皇と昭憲皇太后をお祀りする明治神宮。天皇の他に、楠木正成は湊川神社、豊臣秀吉は豊國神社など、人を祀る神社は数多くあります。徳川家康をお祀りした神社は「東照宮」です。
 人が神になる人霊祭祀は、日本人の祖先崇拝や死生観と深くつながるものです。
 ドイツはナチスを絶対的な悪として識別しました。しかし、日本にはどんな人も亡くなると区別することなく扱う考え方があり、戦争に付随したすべての人を靖国神社へ合祀しました。
 その結果、いろいろな問題が起きています。私は靖国神社へ参拝に行っていますが、できれば分けていただければ、もう少し良くなるのではないかと考えています。いろいろ意見はあると思いますが、私は分祀することで平和になればいいなと、世界の平和を祈念するものです。
   
◇講 演
  “脳卒中の予防”
名古屋脳神経外科クリニック・名古屋脳ドック
院長 玉井 清
(紹介者 嶋谷悧希 君)
  2695-3
   脳卒中、今は脳血管障害と言いますが、それには大きく分けて、血管が詰まる脳梗塞と、細い血管が血圧のせいで破れて脳の中に血がたまる脳出血、太い血管が破れて起こる、くも膜下出血があります。
 脳梗塞にはいろいろなタイプがありまして、 アテローム血栓性脳梗塞は、血管の内側にコレステロールや脂肪分が溜まって血管が細くなり、ある時血の塊が詰まって起きる。一般的にはこれを動脈硬化と呼んでいます。
 心原性脳梗塞は心臓の心房細動という不整脈があると心臓の中で血の塊ができて、それが脳に行った場合は脳梗塞になってしまいます。長い時間心房細動が続いていると血の塊ができやすくなるので、だいたい半日、心房細動が続いたら治療することになっています。
 脳出血は、血圧が上がった時に細い血管が切れて起きます。切れる場所のほとんどは脳の中心部にあるので、非常に重篤なことになりやすい。
 くも膜下出血は、血管にコブができ、これが破れて起きます。基本的には遺伝の病気と考えられていまして、普通の人と比べると遺伝のある人は3倍できやすいとわかっています。
 脳卒中の3大原因は、高血圧、糖尿病、コレステロールや中性脂肪が高い脂質異常症です。
 ですから、脳卒中を予防するためには、血圧を下げる、糖尿病をコントロールする、コレステロールを下げることが必要です。今は「The lower, the better」という言葉がありまして、血圧とコレステロールの数値は低ければ低いほど長生きするということがわかってきました。
 血圧が高いと血管が傷み、硬くなります。すると、血圧が下がった時に血管が縮まなくなり、血流が遅くなって血管が詰まりやすくなります。
 血圧を下げるには塩分を控えること、あとは運動が良いです。
 ハワイで行われた65歳以上の人の追跡調査では、12年後、運動をする人の死亡率は、あまりしない人より半分でした。
 運動が寿命を伸ばします。脳のためにも体のためにも運動が一番だと考えています。ウォーキングのような軽い運動で十分です。それを心がけていただければ、脳卒中の予防にもなります。
   
◇5月度ゴルフ例会成績(10日(水)9時3分 藤岡CC)
 
R NAME O I G H N
優 勝 宮崎 貴久 39 41 80 7 73
準優勝 加藤 坂夫 43 41 84 10 74
3 位 小田 義彦 41 42 83 9 74
4 位 寺田 清誌 42 42 84 9 75
5 位 岩口 孝一 41 46 87 12 75
  (6月度:8日(木)9時3分 藤岡CC)
   
◇5月度東風会成績(18日(木)八事八勝館)
 
準優勝 宇佐美嘉重斌 13,100点
3  福田 直巳 11,700点
5  浜  洋一   3,700点
6  本多  満      200点
 7 真木  昭   -2,800点
  (6月度:21日(木)17時 八勝館)
   
◇次回卓話(5月29日)
  “クラブ創立60周年記念事業のご案内”
清水恭一創立60周年記念実行員会委員長
   
◇次回行事(青少年奉仕委員会)
  名古屋市教育委員会へ「安心・安全・愛のパトロール」ベスト、
ファミリーデーなごや協賛金贈呈
   
◇次回会合
  5月度理事役員会(3階 「萩の間」)
PAGETOP