第2688回例会(2017.3.27) Regular Meeting

第2688回例会  平成29年3月27日(月) 晴
A  
◇“奉仕の理想”
   
◇出席報告
  会員:90名  出席:70名
出席率:77.78%
前々回(3月6日)修正出席率(85名):83.53%
   
◇ゲスト紹介
  米山記念奨学生 ヌールエルディン・ハッサン君
   
◇誕生日祝福
  宮崎夫人(3/11)、伊藤夫人(3/ 31)
   
◇ニコボックス
  鈴木君(福田直巳君、入会おめでとう)
福田直巳君(本日入会致します。今後とも宜しくお願い致します)
生島君(米山奨学生ヌール・ハッサン君をお迎えしております)
平松君(東風会で優勝しました)
澤井君(いよいよ今週土曜日4月1日にレゴランド・ジャパンがオープン
    します。タクシーか、名古屋港から是非当社バスをご利用くだ
    さい)
宮島君(L.A.より無事帰国しました)
各務君(スピーカーを紹介させていただきます)
稲葉君、新実君、水野(茂)君、寺田君、一柳君、笹野君
   (ニコボックに協力します)
宮崎君、伊藤君(夫人誕生日祝)
椙山君(結婚記念日祝)
   
◇囲碁同好会よりお知らせ
   本日例会終了後「4階 NAGOMI」で同好会を開催致しますので多数ご参加下さい。
   
◇2760地区広報雑誌IT委員会報告(藤原君)
   3月16日に2760地区の広報雑誌IT委員会の委員長会議がありました。
 世界的な流れで、オンラインとソーシャルメディアを活用して、My Rotaryを含め、ロータリアンとのコミュニケーション活動にITを上手く活用してくださいというような発表がありました。
 地区の方では相当活発な活動をされていますので、これからもっと新しい情報交換ができるようになるかと思います。
   
◇國府谷幹事報告
 
1. 本日例会終了後理事役員会がございますので理事役員の方は「3階 萩の間」へお集まり頂きますようお願い致します。
2. 次回例会は「1階 シャンボール」で行います。
   
◇新会員紹介
 
2688-1
氏  名 福田 直巳(ふくだ なおみ)
生年月日 昭和44年5月19日
職業分類 生命保険
事業所 プルデンシャル生命保険株式会社名古屋支社
〒450-6330 中村区名駅1-1-1
JPタワー名古屋30階
地  位 部長(エグゼクティブ・ライフプランナー)
推薦者 鈴木建吾
委員会 親睦活動
趣  味 ゴルフ、麻雀、旅行
   
◇鈴木会長挨拶
   前回の例会で欠席された方もいらっしゃると思いますので、改めて申し上げます。宮の杜ロータリークラブが岡崎ロータリークラブの子クラブになりまして、西三河中分区に所属することになりました。めでたしめでたしです。
 このクラブは例会を月2回しかやらないということで、東名古屋分区とはだいぶ色彩が違うので、いかがなものかという意見がたくさんございました。このクラブが西三河分区に所属にすることに際して、千田さんや栁澤さんにいろいろお世話になりまして、ありがとうございました。
 さて、今日は虫の話をしたいと思います。私は昔、昆虫採集が趣味で、標本箱がたくさんありました。しかし最近、虫がいません。特に都会では虫を見ることはほとんどございません。
 それは、昔やっていた農薬の空中散布のせいではないかと思っています。虫もいなくなって、人間も大丈夫かなと思います。
 タイにトムヤムクンという、酸味のあるスープがあります。これと同じような味がする虫がいます。
 タイでゴルフをやっていたとき、友人が木の下に球を打ち込んで、どうやって打つかいろいろやっていたところ、突然ぎゃーと叫んで暴れはじめました。首筋からアリが入ったのです。タイのアリはものすごい勢いで噛み付くため、半端な痛さではないようでした。
 現地のキャディさんが「このアリは酸っぱくて美味しい」と言うので、本当かと思って食べてみました。すると、本当にレモンの味がしました。
 中国の北京に行った時は、友人がちょっと変わったものを食べようということで、セミの唐揚げとサソリの唐揚げをごちそうしてくれました。
 セミは不味くて食べられたものではなかったですが、サソリはおいしかったです。ぜひチャンスがあればご試食いただければと思います。
 食糧難の時代がやって来て、虫を食べることも考えなければいけなくなるという話もありますので、虫のお話をしました。
   
◇講 演
  “Bリーグは楽しい!”
シーホース三河(株) 取締役社長
鈴木 秀臣
(紹介者 各務有一 君)
  2688-2
   まずそもそもBリーグとはなんぞやということですが、Bリーグの「B」はバスケットボールの「B」です。正式名称は「ジャパン・プロフェッショナル・バスケットボール・リーグ」、略してBリーグと言います。
 シーホース三河は、昨年までアイシン精機のクラブチームで、長らく「アイシン・シーホース三河」という名前でプレーをして来ました。
 Bリーグへの参加は、企業名を外して一つの独立した会社として運営することになるので、シーホース三河も昨年5月に一つの会社として設立されました。
 このシーホース三河、2000年以降では日本で最も勝利を重ねているチームです。前身のスーパーリーグ、JBL時代を含めて、リーグ戦での優勝が6回、天皇杯の優勝は9回です。昨年は残念ながら準優勝でしたが、今年はBリーグの初代チャンピオンを目指して戦っています。
 Bリーグは年間60試合で、9月末から5月初めまで8か月間活動します。このうち30試合がホームの試合で、後の30試合がアウェイです。
 そのうちの24試合を刈谷のウイングアリーナ刈谷で開催しています。残り6試合のうち、4試合を岡崎中央総合体育館、2試合を豊田のスカイホール豊田で開催します。
 会場では、お客様に楽しんでいただくために、非日常感を演出しています。さらに、また来たいと思わせるような様々なイベント、仕掛け、演出を工夫しています。
 例えば、夜の7時からスタートする試合では、飲み放題のチケットを作って、ヱビス、プレモルを飲み放題にして、居酒屋で飲むより安い設定にしたり、名物のグルメを作ったりしています。
 あと、レスリング金メダリストの吉田沙保里さんや元中日ドラゴンズの山崎武司さん、山本昌さんにゲストでお越しいただき、盛り上げ役に一役買っていただいています。
 バスケットボールは、実際に会場へ来ていただくと非常にコートと観客席が近くて、臨場感、スピード感を味わえます。テレビで見るより会場に足を運んでいただきたいと思います。
 今シーズン終盤で、ゲームのほぼ3分の2以上が終わっています。残り、ホームでは8試合です。
昨日、シーホース三河が西カンファレンスの優勝を決めました。5月13・14日にプレーオフの準々決勝が、我々1位抜けしましたので、刈谷で開催されることが決定しています。最終ファイナルは5月27日、東京・代々木で開催されます。ぜひ皆様方、会場にお越しいただければと思います。
 では、最後にシーホースのチアガール、スーパーガールズのチアをご覧ください。
  2688-3
   
◇次回卓話(4月3日 1階  シャンボール)
  “地域活性化に貢献するデジタル印刷の価値”  
富士ゼロックス(株)プロダクションサービス
営業本部マーケティング部
部長 杉田晴紀
(紹介者 生島裕久 君)
   
◇次回会合
  囲碁同好会(3階 梅の間)
PAGETOP