第2684回例会(2017.2.20) Regular Meeting

第2684回例会  平成29年2月20日(月) 晴 “友愛の日”
A  
◇“我等の生業”
   
◇出席報告
  会員:90名 出席:71名
出席率:78.89%
前々回(1月30日)修正出席率(85名):82.35%
   
◇ゲスト紹介
  米山記念奨学生 ヌールエルディン・ハッサン君
桜花学園高等学校インターアクトクラブ(会長・副会長)
   
◇ビジター紹介:1名
   
◇誕生日祝福
  大野君(2/13)、安藤君(2/18)、濵君(2/20)
   
◇ニコボックス
  名古屋アイリスRC荒山久美君
 (父、加藤保時が所属していたクラブに訪問させていただきました)
元会員・野口明久君
 (旧友に所用あり、当ホテルへ参りました。ありがとうございます)
鈴木君(林さんにお世話になりました)
島岡君
 (雪の降る中ゴルフを7オーバーで優勝できました。結婚記念日祝)
生島君(米山奨学生ハッサンヌール君を歓迎致します)
土方君(本日はスピーチをさせていただきます)
馬場君
 (2月1日に交通事故に遭い、右足を骨折しましたが、もうギプスが取れて歩けるようになりました。皆さんの交通安全を願い、ニコボックスに協力させていただきます)
岡田君(鈴木会長、オルクドールお世話になりました)
佐藤君(鈴木会長にお世話になりました)
柏木君(小笠原弓術で位をいただきました)
新実君、稲葉君、安井君(ニコボックスに協力します)
大野君、安藤君、濵君(誕生日祝)
石田君、小川君(結婚記念日祝)
   
◇職業奉仕委員会よりお知らせ(佐治委員長)
   来たる3月6日に、東RC初の試みであり、鈴木会長の思いの丈がこもった、渋澤健氏の講演会を開催致します。
 皆様の広い人脈を活用してお声がけを頂き、多くの方にご参加いただきますよう、ご協力のほどよろしくお願い致します。
   
◇囲碁同好会よりお知らせ
   本日「3階 梅の間」で同好会を開催致します。
   
◇國府谷幹事報告
 
1. 本日「第1回次年度理事役員会」がございますので、ご関係の方は「3階 萩の間」へお集まり下さい。
2. 次回例会終了後「理事役員会」がございますので理事役員の方はご予定頂きますようお願い致します。
   
◇桜花学園高等学校インターアクトクラブ会員卒業挨拶・記念品贈呈
  ○青少年奉仕委員長挨拶(加藤義彦君)
   今年も桜花学園IACの卒業生がご挨拶に参られました。今年度の卒業生は、7月にウイルあいちで開催された平成28年度インターアクトクラブ年次大会の幹事校を立派に務められました。
  ○IAC会員代表挨拶
   私が3年間インターアクトクラブに所属して、一番深く思うことは、とても多くの人と交流できたことです。ボランティアで、幼稚園や保育園、福祉施設、老人ホームなどへ行きました。募金活動にも参加しました。そこで出会った人たちにとても学ぶことが多かったと思います。
 また、このような場所に参加させていただくことも普通の高校生ではできないことと思います。
 本当にロータリアンの皆さんに感謝しています。本当にありがとうございました。
  ○記念品贈呈:IACマーク入りトレー
   
◇鈴木会長挨拶
  2684-1
   新クラブの宮の杜RCについてお話をさせて頂きます。
 今朝10時からガバナーをお迎えして諮問委員会を開き、新クラブについてお話を伺いました。
 以前、私はこの新クラブが東名古屋分区には属さないと申し上げたと思います。しかし、ガバナーは独断で属するようにするということをおっしゃいました。それは我々として不本意なことです。
 I.M.でガバナーは、私と千種RC会長の渡辺さんが東名古屋分区に属することに賛同していると話しました。と、いうことは東の子クラブに属すると考えられます。それは絶対にありません。
 私は大変失礼とは思いましたが、東山RCの創立20周年記念式典の席上で反対の旨を申し上げました。
 私ども東クラブとして、新しいクラブは東名古屋分区の風土に決して合わないだろうと思います。そのクラブと一緒に我々が活動するのは難しいと考えています。
 これについてはクラブの全員総会で決議を採りたいと思います。
 せっかく6ロータリーが気持ちよくやっているのに、そこに、例会は週2回しか開かず、異色のメンバーもいるクラブが入ってくる。素晴らしい東の伝統を崩したくないというのが私の思いです。
   
◇卓 話
  “私の職業について”
会員 土方 邦裕
(愛知ドビー(株) 代表取締役社長)
  2684-2
   当社は1936年の創業で、現在の従業員数は210名です。工業製品とバーミュキュラの製造をしています。工業製品は船舶の部品や建設機械の部品などを作っています。
 バーミュキュラは、世界一素材本来の味を引き出せる鍋を作ろうということがコンセプトです。
 その肝となるのが鍋と蓋の密閉性です。密閉性が高まると、食材が持つ水分のみによる無水調理や、香りや旨みを閉じ込めることができるようになります。これによって格段に料理が美味しくなります。
 私たちの目指すところは機能性の高い鍋を作るだけでなく、鍋を作ることによって生活自体を変えて行き、喜んでいただけるブランドになって行こうと思っています。
 去年12月、ライスポットという商品を発売致しました。簡単にいうと炊飯器兼調理器です。
 ツイッターなどのSNSで、バーミュキュラで炊飯をすると非常に美味しいというお声をいただいていましたが、鍋炊きをすると火加減の調節が難しい。そこでIHで自動化して、ワンタッチで使えないかという開発を3年前に始めて、やっと昨年発売することができました。
 また、アメリカの西海岸とパリでのマーケティング調査で、バーミュキュラの機能は認めるが、フランス製の鋳物ホーロー鍋との価格差が受け入れられないということがわかりました。そこで、調理器にもなるものを開発しようとも考えて、炊飯器と共に調理器の機能を併せ持った商品になっています。
 これで、ボタン一つで無水調理や炒めることができ、30度から95度まで1度単位の温度コントロールもできます。火加減の難しいミキュイやローストビーフが簡単に作れます。
 発売後、一流シェフの方々からこの機能を高く評価され、今のところは順調と思います。そして3年後、アメリカ進出を考えています。
○質問 水がなくても調理できるということは、密封度が非常に高いのでしょうか。
 旋盤で0.01ミリ以下の精度まで削り込んで、密閉性を高めることによって食材の水分を閉じ込めるようになっています。
   
◇“友愛の日”
   
 
3月行事予定(水と衛生月間)
6日(月) 渋澤健氏講演会・夜間例会
16時〜18時 講演(2階 青雲の間)
18時〜19時 例会(2階 銀の間)
8日(水) 東・昭和RC合同ゴルフ会(9時3分)
14日(火) 第1回I.D.M.(18時 八事八勝館
 13日(月)の例会を変更)
16日(木) 東風会(17時 八事八勝館)
18日(土) 2017〜’18年度会長エレクト
       研修セミナー
(10時 名鉄ニューグランドホテル)
27日(月) 第9回理事役員会・囲碁同好会
   
◇次回卓話(2月27日 1階 シャンボール)
  “金城ふ頭の開発とアクセスについて”
名古屋市住宅都市局 開発・耐震担当参事
中薗 昭彦 氏(紹介者 澤井利之君)
   
◇次回会合 第8回理事役員会(3階 松竹の間)
PAGETOP