第2682回例会(2017.1.30) Regular Meeting

第2682回例会  平成29年1月30日(月) 晴
A  
◇“手に手つないで”
   
◇出席報告
  会員:90名  出席:66名
出席率:73.33%
前々回(1月16日)修正出席率(79名):86.21%
   
◇誕生日祝福
  増田夫人(1/31)、野田(聡)夫人(2/4)、棚橋(鎌)君(2/6)
   
◇ニコボックス
  安藤君、浅見(勲)君、馬場君、カルマノ君、濵君、林君、本多君、
稲葉君、石田君、伊藤君、岩口君、鏡君、各務君、柏木君、宮崎君、
森川君、新実君、野原君、小田君、小川君、岡田君、奥村君、奥野君、
大野君、佐治君、佐藤君、澤井君、嶋谷君、生島君、椙山君、髙田君、
棚橋(賢)君、寺尾君、山田(信)君、山田(哲)君、栁澤君、安井君、
余語君
(福谷さんより福豆を頂きました)
鈴木君(良い事がありました。福谷さんより福豆を頂きました)
松田君(笹野さんお電話ありがとうございました。折り返しが遅れて
    失礼しました。福谷さんより福豆を頂きました)
加藤(義)君(國府谷さん、笹野さん、松宮さん、寺尾さんにお世話に
       なりました。福谷さんより福豆を頂きました)
松宮君(國府谷さんにお世話になりました。
    福谷さんより福豆を頂きました)
後藤君(佐治さんにお世話になりました。
    福谷さんより福豆を頂きました)
水野(茂)君(2月3日、大須観音節分会で大黒天を演じ、参加させて
       頂きます。福谷さんより福豆を頂きました)
笹野君(スピーカーを紹介させていただきます。福谷さんより福豆を
    頂きました)
増田君(福谷さんより福豆を頂きました。夫人誕生日祝)
野田(聡)君(福谷さんより福豆を頂きました。夫人誕生日祝、
       結婚記念日祝)
棚橋(鎌)君(誕生日祝、結婚記念日祝)
國府谷君、土方君(福谷さんより福豆を頂きました。結婚記念日祝)
   
◇米山奨学委員会よりお知らせ(生島委員長)
   日ごろは米山奨学委員会の活動にご協力いただきましてまことにありがとうございます。
 本日、確定申告用の領収書をお渡し致しました。米山奨学会への普通寄付は皆様の会費から納めさせて頂いておりますが、その領収書です。
 法人経費として処理されている方は個人の確定申告では使用できませんのでご注意下さい。
   
◇國府谷幹事報告
 
1.  福谷会員より「節分のお豆」を頂きましたのでお配り致しました。福谷さん有難うございます。
2.  本日例会終了後「理事役員会」がございますので理事役員及び諮問委員の方は「3階 萩の間」にお集まり頂きますようお願い致します。
3.  次週6日(月)は「東名古屋分区I.M.」の為「10日(金)16時より東急ホテル 3階」に変更となりますのでお間違いのないようお願い致します。
4.  13日(月)は定款による休会ですので、次々回例会は「20日」になります。
  尚、当日例会終了後「第1回次年度理事役員会」がございますので、次年度理事役員の方はご予定頂きますようお願い致します。
5.  3月6日の渋澤健氏の講演会につきまして改めて出欠の確認のFAXをお送りさせていただきます。どうぞご出席のお返事をいただきますようお願い申し上げます。
   
◇鈴木会長挨拶
  2682-1
   日本のすべての上場企業を対象にファミリービジネスの割合が調べられました。ファミリービジネスとは同族企業のことです。
 その結果ファミリービジネスはなんと52.9%もありました。上場企業であってもファミリービジネスが多いそうです。
 また自己資本比率や総資産利益率、どの程度自己資本を持ってやっているか、またどの程度儲かっているかということについて、ファミリービジネスでない会社と比べて多いそうです。要するにファミリービジネスが儲かっていると言うことです。
 ファミリービジネスが強い理由はいろいろありますが、創業家の持つ理念や価値観が優れているということが一番の根本的な理由ではなかろうかと考えられます。
 成功するファミリービジネスにはその競争の源泉となるものがあります。この創業家が持つ競争優位性、その要素はファミリネス(ファミリー性)と呼ばれています。
 ファミリネスは創業の精神、それからファミリーの価値観、文化を根源として長い年月を通してビジネスに文化や価値観、いわば暗黙知として根付いているものだからこそ他の会社には真似できるものではありません。そして、またこれが競争の源泉であります。
 優秀なファミリービジネスには、顧客第一主義、高品質低コストの追求、従業員の長期的な育成と柔軟な組織の運営、長期的な視野、それからブランド価値向上のためのたゆまぬ努力、市場・顧客に対する強い探究心、社内外の強い信頼と高いコミュニケーション能力などが創業家に代々伝わって、文化として根付いています。
 これらは創業家の信念や価値観が根底に流れるもので、ファミリネスを事業に体現するものとなります。
 このような根本精神が大切です。それが職業奉仕です。ロータリーもその職業奉仕を忘れてはいけないと思います。ただ単に自分のプライドとか面子にこだわってやっていくというのは非常に間違いです。ロータリーは今、社会奉仕というものに大きく舵を切っていますが、それはあまりよろしいことではないと思います。
   
◇講 演
  “力が漲るツボについて 〜やる気スイッチオン〜”
柔道整復師・経営プランナー
BODY MAKE株式会社 代表取締役
九鬼 良
(紹介者 笹野暢宏 君)
  2682-2
   私は治療家として、東京都内を中心に整骨院から始まって、エステや整体、リラクゼーションを10数店舗させていただいています。
 私自身20年ほどスポーツをやっていたことから、トレーナーという仕事も5、6年ぐらい前からやらせていただいています。
 一般的にトレーナーと言われますが、トレーナーには、私たちのように治療するメディカル・トレーナー、体作りをサポートするストレングス・トレーナー、精神的なことをサポートするメンタル・トレーナーがいます。
 選手にこの3人がつきますが、それぞれの目線が全然違うことが多いです。それなら、1人がこの3つのノウハウを持って1人の選手にサポートするという形になると良い結果が出るのではないかと思って、3つのノウハウを勉強しながら私自身が一人で3役をできるように勉強してきました。その中で独特なノウハウが出来上がったので、その一つをご紹介できればと思います。
 人が生きていく中で絶対的な条件が呼吸と地球上の重力です。この2つは生きていく中で絶対に外せない条件です。今回その呼吸に関して、押してくださいというツボがあります。
 朝起きた時に、上向きで寝ていると思いますが、起きる時に膝だけ曲げてください。そして、みぞおちと言われるところを両手で3秒ほど押さえてください。骨の上ではなく、骨の下です。深呼吸の吐く時にぐーっと押してもらう感じです。5、6回押してください。
 これで横隔膜自体の動きが良くなります。呼吸がしやすくなり、血流が良くなり、頭の回転が良くなり、体の動きも良くなります。
 簡単なので朝晩、特に起きた時にやっていだけるといいと思います。
   
 
東名古屋分区I.M.ご案内
と き 2月10日(金) 16時〜20時
ところ 名古屋東急ホテル 3階「ヴェルサイユの間」
   
◇次回例会
  2月10日(金) 16時 I.M.(東急ホテル)
   
◇次々回例会(2月20日)
  “友愛の日” 於 シャンボール
   
◇次々回卓話
  “私の職業について”
土方 邦裕
愛知ドビー(株)代表取締役社長
   
◇次々回会合
  第2回諮問委員会(10時 3階「萩の間」)
第1回次年度理事役員会(3階「萩の間」)
囲碁同好会(3階「梅の間」)
PAGETOP