第2659回例会(2016.7.4) Regular Meeting

第2659回例会  平成28年7月4日(月) 晴
A  
◇“君が代” “奉仕の理想”
   
◇正副会長・幹事・S.A.A.ラペルボタン引継ぎ
  ○増田浩男直前会長より鈴木建吾新会長へ
  2659-1
   
  ○西川誠也直前副会長より後藤章信新副会長へ
  2659-2
   
  ○岩口孝一直前幹事より國府谷俊盛新幹事へ
  2659-3
   
  ○國府谷俊盛直前副幹事より安井元司新副幹事へ
  2659-4
   
  ○水野茂生直前S.A.A.より本多満新S.A.A.へ
  2659-5
   
◇直前会長・直前幹事へ記念品贈呈
  ○鈴木新会長より増田直前会長へ
  2659-6
   
  ○鈴木新会長より岩口直前幹事へ
  2659-7
   
◇出席報告
  会員:90名  出席:71名
出席率:78.89%
前々回(6月20日)修正出席率(85名):89.41%
   
◇ゲスト紹介
  米山記念奨学生 ハッサン・ヌールエルディン君
   
◇誕生日祝福
  本田君(6/28)、本多君、西川夫人(7/7)、川浦君(7/8)、古川(博)夫人(7/15)
   
◇ニコボックス
  鈴木君(本年度会長をさせていただきます。
    ご協力よろしくお願い致します)
後藤君(増田直前会長一年間ご苦労様でした。
    今期、副会長としてお世話になります)
増田君、山田(信)君、水野(茂)君
   (鈴木建吾新会長、頑張って下さい。エールを送ります)
古川(善)君(鈴木会長、健康に留意を)
國府谷君(今年度、幹事を務めさせていただきます。
     よろしくお願い致します)
安井君(一年間副幹事よろしくお願い致します)
各務君、山田(哲)君、小田君、笹野君、石田君、澤井君
   (今年度委員長を務めさせて頂きます。よろしくお願い致します)
古澤君(ニコボックス委員でお世話になります。
    澤井さんにお世話になりました)
本多君(本年度もよろしくお願い致します。誕生日祝)
栁澤君、浅見(勲)君、佐治君、濵君、伊藤君、馬場君
   (本年度もよろしくお願い致します)
田島君(土方さんを紹介します)
土方君(本日より入会させて頂きます。土方と申します。
    よろしくお願い致します)
佐藤君、岡田君(土方君入会おめでとうございます)
生島君(米山奨学生ヌール・ハッサン君をお迎えして)
柏木君(メナード美術館を楽しませて頂きました)
棚橋(賢)君(岡本さん、野原さんにお世話になりました)
新実君、稲葉君(ニコボックスに協力します)
渡邊(正)君(お久しぶりです)
本田君、川浦君(誕生日祝)
西川君、古川(博)君(夫人誕生日祝)
   
◇國府谷幹事報告
 
1. 本日午後5時より「第1回クラブ協議会」がございますので、「理事役員・委員長の方」は本日お渡し致しました「クラブ計画書」をご持参のうえ「3階 松竹の間」へお集まり頂きますようお願い致します。協議会終了後は「地階 柳城」で懇親会がございます。
2. 次週7月11日は和合・千種・昭和RCの会長・幹事さんが新年度のご挨拶に来訪されます。
   
◇新会員紹介
 
hijikata
氏 名  土方 邦裕(ひじかた・くにひろ)
生年月日  昭和49年11月19日
職業分類  ほうろう、鉄器
事業所  愛知ドビー(株)
 〒454-0821 中川区宗円町1-28
 TEL 352-2531 FAX 353-5401
地 位  代表取締役社長
推薦者  田島保紀君
委員会  親睦活動
趣 味  ゴルフ
   
◇鈴木会長挨拶
  2659-8
   本年度の東クラブの会長を仰せつかりました鈴木建吾でございます。幹事の國府谷君、副会長の後藤君と共に、全力を尽くして行きます。本気でやろうと思っていますので、皆さんご協力をよろしくお願い致します。
 ロータリークラブは1905年にシカゴで、当時は誰も信用できない社会の中で、何でも相談できる親しい仲間をつくるという発想から生まれました。1910年にシェルドンが職業奉仕の考え方を取り入れました。これは自分と相手と第三者がともに良くなるようにする「三方善」の考え方だと思います。
 本年度のRI会長の方針は「人類に奉仕するロータリー」で、強調事項は「奉仕の率先躬行」です。その内容は社会奉仕ということです。今、職業奉仕が脇へ追いやられ、社会奉仕が前面に出てきています。
 私は東ロータリーのテーマを「三方善の考えの下に親睦を図る」にしました。シェルドンの唱えた職業奉仕の理念を守って行きたいと考えます。
 職業奉仕は職業を通した社会貢献で、仕事をする際に自分に良く、相手に良く、世間に良くなるかという基準で判断する、すなわち三方善の考え方で行動することだと思います。
 そして重点実施項目ですが、まず、バッジをつけて頂きたい。次に、講演会を開きたいと考えています。渋沢栄一の子孫で、彼の思想を研究している渋沢健さんに講師をお願いしようと思います。さらに、卓話の内容を高めるようにしたいと考えています。
 一年間よろしくお願い致します。
   
◇次回来訪者(7月11日)
  名古屋和合・千種・昭和RC会長・幹事各位
   
◇次回卓話
  “医療環境のHuman  Centered  Design”
名古屋市立大学大学院芸術工学研究科教授
鈴木 賢一
(紹介者 小田義彦 君)
PAGETOP