第2653回例会(2016.5.23) Regular Meeting

第2653回例会  平成28年5月23日(月) 晴
A  
◇“四つのテスト”
   
◇出席報告
  会員:91名  出席:71名
出席率:78.02%
前々回(5月9日)修正出席率(80名):90.48%
   
◇誕生日祝福
  加藤(坂)夫人(5/17)、松田君(5/21)、山田(哲)君(5/22)、
佐藤夫人(5/23)、棚橋(賢)君(5/26)、神谷夫人(5/27)
   
◇ニコボックス
  本多君(兄清治のお別れ会にたくさんの会員の皆様の参列を頂きまして
    御礼申し上げます。兄との交情に感謝致します)
カルマノ君(第21回国際ロータリー青少年交流研究会を楽しんできまし
      た。写真を頂きました)

岡田君(先週別のゴルフコンペで優勝しました)
木君(卓話をさせて頂きます)
西川君(初めて代理で会長挨拶をさせて頂きます)
新実君、稲葉君(ニコボックスに協力します)
本田君(安藤さんホールインワンおめでとうございます。
    末岡さん、千田さんにお世話になりました)
余語君(刑部さんにお世話になりました。
    カナダ旅行より無事帰国致しました。
    安藤さんホールインワンおめでとうございます)
平野君、佐治君、水野(勤)君、奥村君
   (安藤さんホールインワンおめでとうございます)
安藤君(ゴルフ会からお祝いして頂きました)
清水君(良い事がありました)
古川(善)君、後藤君、今村君、伊藤君、加藤(義)君、増田君、
森川君、野原君、小田君、岡本君、大野君、椙山君、鷲見君、寺尾君、
渡辺(英)君、山田(信)君、安井君
(写真を頂きました)
神谷君(写真を頂きました。夫人誕生日祝)
鋤納君(写真を頂きました。結婚記念日祝)
松田君(安藤さんホールインワンおめでとうございます。誕生日祝)
加藤(坂)君、佐藤君(夫人誕生日祝)
山田(哲)君、棚橋(賢)君(誕生日祝)
古川(博)君、鏡君、寺田君(結婚記念日祝)
   
◇本多君より御尊兄会葬御礼
  5月17日に開催しました、兄・本多清治のお別れ会に、多くの会員の方々よりご出席いただきましてありがとうございました。兄に対する生前のご交情について改めて感謝申し上げます。ありがとうございました。
   
◇岩口幹事報告
 
1. 次回例会終了後「今年度理事役員会」がございますのでよろしくお願い致します。
2. 社会奉仕委員会が名古屋市幼児教育研究協議会への支援について、加藤陽一ガバナーからガバナー賞をいただきました。
   
◇西川副会長挨拶
  2653-1
   イギリスのサッカーで、レスターが岡崎選手の活躍もあって優勝しました。
 練習時の写真を見ると、選手が全員、黒いブラジャーのようなものを着用しています。これで背中に計測機をつけていて、昨日からどれくらい走ったか、どれくらいのスピードで走ったかというようなデータが全部、監督、コーチの元に集まるそうです。それを見ながら、選手の交代を決めます。ほとんどのケガは筋肉疲労からくるので、ケガをしないように試合に起用できます。
 これがIoT(Internet of Things)です。他に、病院のベッドの上に敷いて、寝ている人の心拍数や呼吸などのデータをナースセンターに送れるシートもあります。異常が起きると看護士さんが駆けつけ、医師が手当てする。技術はそのようなところまで来ているそうです。
 インターネットはお遊びでやるものではなく、ビジネスにどう生かすかが時代のニーズになりました。
   
◇卓 話
  “国際儀礼(プロトコール)概論”
会員 根木 政美
((株)ナゴヤキャッスル 常勤監査役)
  2653-2
   プロトコールというはあまり聞きなれない言葉ですが、簡単に言うと国際間のエチケットです。国際交流のうち特に公式な機会に適用されるルールです。
 プロトコールには、以下の4つの基本的な考え方があります。
 ・異文化の尊重
 ・序列の重要性
 ・右上位
 ・返礼(相互主義)
 「異文化の尊重」とは、文化を形成する上で基本的にその国の宗教が柱になっていますので、宗教を柱とした異文化を尊重しましょうということになります。
 お互いの国と国がお付き合いする上では、相手の国の文化を理解する。文化を理解するということは宗教をよく理解するということと同義語になります。そこで派生した慣習をよく理解して接遇するということです。
 特に最近では、イスラム教やヒンズー教の皆さんも日本へ来ることが増えました。彼らの食習慣、宗教の問題を度外視しては接遇できません。それが国際間で仲良くするための秘訣です。
 「序列の重要性」、これは大変難しくて、ほとんど国によって違います。
 例えば、出席者の全員が課長とします。その序列はどうなるか。会社で辞令を発表するときに、本社と支店、支店の構成人数などで序列を決めているかもしれません。
 ところが、序列はその人が着任した日が古い順から上位です。
 大使が何人も一緒に食事をする場合、大国のアメリカが上位で、アフリカの小国が下位ということではありません。
 席次はとても重要で、私が愛知万博の迎賓館を担当した時は、毎朝3時間ぐらい席順を作り直すのに苦労しました。
 「右上位」ですが、昔の日本は左側の方が偉かったです。雛壇を見ても、京雛は左上位でした。それが、明治以降、日本も世界と交流するために、右方上位に変わりました。
 右方上位の考え方は、国旗掲揚を見ればわかります。向かって左側が上位です。金・銀・銅の旗を揚げるとき、センターは金ですが、銀は右側、向かって左側です。
 この右方上位の考え方は全てにおいて反映されます。例えば、公式な食事会の席では、自分の右側にいる人が自分の上位の方。この人を接待しなさいということです。接待するとは、なるべく右側の人と会話をするようにということです。
 椅子に着席する時はその人の邪魔にならないよう、右方の人より下座から入る。したがって、自分の椅子の左側から入るのが正しいとされています。
 「相互主義」は、今さら言う必要はなくて、何かをいただけばお返しするというように、日本人は儀礼を大事にしています。
 この4原則に加えて、レディー・ファーストがあります。日本は、女性が男性の後ろを歩く社会でしたので、レディー・ファーストをしようと思ってもなかなかできない。男性も心得ているつもりでも照れくさくてできないことが多いです。
 最後に、外国へ行かれたときのためにチップについて。チップをうまく渡すことは社交上非常に大切です。うまくできると渡した方も渡された方も非常に気持ちが良い。チップの渡し方は心得ておいた方がいいでしょう。
   
 
6月行事予定(ロータリー親睦活動月間)
2日(木) 合同RA特別委員会(15時 ルブラ王山)
13日(月) 名古屋市教育委員会にベスト寄贈
囲碁同好会夏季大手合・懇親会
(3階 「梅の間」・地階 「柳城」)
14日(火) 第81回たべあるきの会
(柳橋ビアガーデン)
15日(水) ゴルフ例会(8時35分 藤岡CC)
16日(木) 地区ロータリー研究会
(15時 国際ホテル)
東風会(17時 八事八勝館)
18日(土) 地区役員・会長幹事懇談会
(17時45分 東急ホテル)
20日(月) うえの授産所へ協力金寄付
21日(火) 第3回市内25RC社会奉仕委員長会議
27日(月) ゴルフ委員会(11時 3階 「萩の間」)
年度最終例会(“友愛の日”形式)
クラブ創立57周年記念日を祝し乾杯
第12回理事役員会(新旧)
   
◇次回卓話(5月30日)
  “英語の話せる名古屋を目指して”
(有)ウィズビズインターナショナル 代表取締役
西村 恵美 氏(紹介者 新実宣英君)
   
◇次回会合
  第11回理事役員会(3階 「松竹の間」)
PAGETOP