第2648回例会(2016.4.12) Regular Meeting

第2648回例会  平成28年4月12日(火) 晴
東・和合・名東・千種・昭和・東山RC合同例会
於 名古屋国際ホテル ホスト:名東RC
zenkei
A  
◇“君が代” “奉仕の理想”
   
◇会長挨拶
  ◯名古屋東RC 増田浩男 会長
  2648-1
   まず6クラブ合同例会を設営していただきました、名東クラブの都築会長はじめクラブの皆様方、誠にありがとうございました。
 今年は3年ごとに規定審議会が開催される年にあたり、現地時間の4月10日から15日までアメリカ・シカゴにて2016年の規定審議会が開催され、181の制定案が提出されて審議されています。
 2001年の規定審議会あたりから、RI理事会主導の制定案が次々と提出されて、職業分類の規制が大幅に緩和され、ロータリアンの会員資格や例会出席に関しても、審議会が開催されるごとに、柔軟性を持たせる方向に益々進んでいます。
 それにより本来あるべき姿としてのロータリーの「箍」が益々緩められ、ロータリーが「寄付」優先の社会奉仕団体に移行し、本来の魅力ある姿としての「職業奉仕ロータリー」、「人づくりロータリー」とは真逆の方向へ進んでいるように思えてなりません。
 又、今年のラビンドランRI会長が「会員増強」の切り札として、ロータリークラブの会員であることに何かしらの利益を与えようと、「ロータリー・グローバル・リワード」を発表したため、それと整合性を保つために「ロータリアンの行動規範」の5番目の文章「ロータリアンは事業や職業における特典を、ほかのロータリアンに求めない」が抹消されました。そのことは1905年、ロータリー創設当時の「物質的相互扶助」の世界に逆戻りし、高邁な職業奉仕理念は、アーサー・フレデリック・シェルドンと共に消え去ろうとしています。
 さて、名古屋東クラブは創立57年目に入ろうとしています。現会員数は、チャーターメンバー3人を含めて89名。会員年齢は92歳から35歳、平均年齢は64.63歳となっています。会長も、2012年から私を含めて連続4代、やっと戦後生まれの会員が会長を務めています。名古屋東クラブの持つ歴史と伝統をうまく次世代につなぐことが、この数代の会長に与えられた責務ではないかと思っています。
 アメリカ合衆国第35代大統領ジョン・F.ケネディが大統領就任演説の中で「The torch has been passed to the new generation of Americans.(松明は若い世代に受け継がれた)」と言っていますが、そのように言っていただける後輩の出現を願っています。
   
  ◯名古屋和合RC 丸山弘昭 会長
   和合RCでは1月19日に法政大学大学院教授の坂本光司先生の講演「景気超越型企業に学ぶ経営戦略」を開催しました。おかげさまで、他のクラブからもご参加があり、220人の方にお越しいただくことができました。この場を借りて皆様へ御礼申し上げます。
 講演で坂本教授は、景気に左右されない「景気超越型企業」は、経営規模の大きさ、業態、ロケーションも関係なく値決めの決定権がある
ことが重要であると語っておられました。
 また、そのような会社にすることができるのは社員の働きであり、経営者は社員を大切にする会社を目指すことが大切だと話されていました。機会がありましたら坂本教授の『日本で一番大切にしたい会社』をお読みいただければと思います。
   
  ◯名古屋千種RC 樫尾富二 会長
   私どもの奉仕活動の一部をご紹介します。
 東山動植物園に対して社会奉仕の一環として様々な援助をしております。植物園のPR用ビデオ機器一式の贈呈、アメリカ産見本園の植栽援助、園路沿いのあじさいの植え付けをロータリアン、インターアクトまた一般の来場者と協力をして行います。
 国際奉仕活動の一環としてタイ国の子供たちにより良い教育環境を提供するために学校給食や図書の支援、奨学金の援助を続けています。約1万円の援助で1人の子供が1年間学校教育を受けることが出来ます。
 7月18日には、インターアクトクラブの年次大会が行われます。桜花学園高校がホストで、千種RCがお世話することになり、準備を進めています。提唱ロータリーは東、昭和、千種の3クラブですが、本日お集まりの皆さんの温かいご支援をよろしくお願い致します。
   
  ◯名古屋昭和RC 田中邦幸 会長
  2648-2
   本年度、昭和RCは「真のロータリアンになろう」をテーマにこの9ヶ月を費やしてきました。まだまだ道半ばが現実です。表面的には多少理解できたかもしれませんが、ロータリーは奥深いものがあるように思われます。
 「ロータリーとは何か」と言われますと、ロータリアンが全世界に122万人いれば、122万のロータリー観があるようです。
 先週、花見例会を開催しました。色彩の豊かなところに人が集まり生きる喜びが交差しています。ここに会員増強のポイントがあるように思いました。
 ロータリーは永遠の人間研修道場であると言われますが、この9ヶ月でまさしく人間道場であると認識しました。残り3ヶ月全力でやってまいります。よろしくお願い致します。
   
  ◯名古屋東山RC 上田敏幸 会長
   今年度は理事役員の若返りをしようということで、入会3年目の方を理事役員に迎えて、期待以上の活躍をしていただいています。
 今年度の目標であるホーム出席率100%は、1回だけですが達成しました。残り3ヶ月でもう1回ぐらい達成したいと思います。
 来年度は私ども創立20周年を迎えますので、皆様方にはご協力をいただきますようお願い致します。
   
  ◯名古屋名東RC 都築八千代 会長
  2648-3
   皆様ようこそお越しくださいました。
 今年度のロータリー国際大会は韓国・ソウルで開催されます。
 私どもは27年前よりソウル・普倉閣RCと姉妹クラブの提携をしています。この機会を利用して、ソウルで合同例会を行います。
 ロータリーは国際的な組織であり、国際交流や国際理解が大切だと感じています。そしてまた、ハワイ州ホノルルのサンセット・ロータリークラブと友好クラブを締結し、国際感覚を養うことができたらと思っています。
   
◇次期ホストクラブ挨拶(千種RC 渡邊源市会長エレクト)
   2016-17年度6RC合同例会のホストを務めさせていただきます。よろしくお願い申し上げます。日時は2017年4月11日(火)、会場は名古屋東急ホテルで開催致します。
 本日同様、親睦が深まる会になるよう、会員一同で皆様のご参加をお待ちしております。
   
◇乾杯(坂本精志 元ガバナー補佐<名東RC>)
  2648-4
   本日はようこそおいでいただきました。私たち名東RCは38年前、チャーターメンバー30人でスタートしました。現在は5人しか残っていませんが、私を含めてその中の3人は創立以来100%出席を続けています。そのため本日は乾杯の音頭を取らせていただくことになりました。
 6RCの益々のご隆昌と、皆様方のご健勝とご多幸を願いまして乾杯します。乾杯!
   
◇食 事
   
◇“四つのテスト”
   
◇出 席
  会員:89名 出席:59名 出席率:66.29%
   
◇誕生日
  水野(茂)君(4/5)、寺田君(4/14)、渡辺(英)夫人(4/15)
   
◇ニコボックス
  水野(茂)君、寺田君(誕生日祝)
渡辺(英)君(夫人誕生日祝)
椙山君、安井君、一柳君、寺尾君、東谷君、岩口君(結婚記念日祝)
   
◇次回卓話(4月18日 “友愛の日” 1階)
  “私の職業について”
会員 山中康寛 君(山中歯科医院 院長)
   
◇次回会合
  囲碁同好会(3階 「梅の間」)
PAGETOP