第2645回例会(2016.3.15) Regular Meeting

第2645回例会  平成28年3月15日(火) 晴
インフォーマル・ディスカッション・ミーティング 18時 八勝館
A  
◇“我等の生業”
   
◇出席報告
  会員:89名 出席:63名
出席率:70.79%
14日(月)の例会変更ビジター:59名
   
◇誕生日祝福
  多和田夫人(3/3)、岩口君(3/24)、小田君、宇佐美夫人(3/25)
   
◇ニコボックス
  野田(剛)(根木さんにお世話になりました)
棚橋(賢)(名古屋シティマラソン・クォーターの部で完走しました)
加藤(義)(たべあるきの会たくさんの参加ありがとうございました)
稲葉君(ニコボックスに協力します)
岩口君、小田君(誕生日祝)
多和田君、宇佐美君(夫人誕生日祝)
伊藤君、後藤君(結婚記念日祝)
   
◇鷲見君より火事見舞いの御礼
   3月4日の午後2時ごろ、私が住職をしています知多郡東浦町の宇宙山乾坤院の本堂・座禅堂の全部と、山門と玄関棟と堅雄堂の一部が燃えました。今も火災原因を調べるための現場検証で立ち入り禁止になっています。
 東クラブから非常に多額のお見舞いを頂戴しました。みなさんありがとうございました。
   
◇岩口幹事報告
  1. 次週月曜日(3月21日)は春分の日振替休日の為休会となります。
2. 次回例会は3月28日(月)で、例会終了後「理事役員会」がござい
     ますのでよろしくお願い致します。
   
◇増田会長挨拶
  2645-1
   先週の初めてのクラブフォーラムは、一人の途中退席者も、おしゃべりもなく、大変素晴らしい例会だったと思います。心より感謝致します。
 本日はI.D.M.ということで、委員会別のテーブルで、いつもと違った方が隣にお座りのことと思います。これを機会にいろいろな方と親睦を温めて、ゆっくりとご歓談いただければと思っております。
 その歓談の材料に、ゴルフの話題を提供したいと思います。
 バンカーからのサンドウエッジの使い方です。私のプレショット・ルーティーンです。バンカーが苦手な方は一度お試しください。
 例えば藤岡の2番、左手のバンカーからピンは中央にあると仮定します。距離は15ヤード、アゴが比較的高いバンカーショットです。
 初めに、ボールを飛ばしたい方向にアドレスをとります。2番のグリーンは左が高くなっていますので、ボールの前に来たら、少しピンの左を向いて、左足かかとの前にボールが来るよう通常のアドレスを取り、出玉の方向を決めます。そして2番目、クラブフェイスのリーディングエッジを1時30分方向に開いてグリップします。ここからが大切です。3番目、その位置から、初めにとった肩の方向はそのままに、左足をオープンスタンスに構えます。スタンスはオープンでも、腰、肩と上体に行くほど、スクエアーに構える形になります。
 4番目、今度は足への体重配分ですが、バンスを使いやすいように、頭の位置はそのままに、左足体重に構えます。ここが一番難しいところです。体が左に傾かないように、左足を踏んだ状態と説明した方がわかりやすいかと思います。ボールの位置は初めにセットしたように、頭の位置より左側です。
 このとき注意することは、左足体重ですが、上半身が左に倒れないようにして構え、左足を踏んでいる状態で、左肩が下がらないように構えます。そして決してハンドファーストにはしないでください。
 構えを再確認します。肩のラインは目標方向、クラブのリーディングエッジを1時半の方向へ開きグリップ、スタンスはオープンスタンス、球は頭より左側、両膝を折って、体重を少し沈みこませ、早めにコックし、バンスをボールの4、5センチ後ろからバンスをボールの下の、砂の中を滑らせる感じで、肩が向いている方向に、肩から肩ぐらいのスイングで振り抜いてみてください。このことが全部きちっとできていれば、バンカーから脱出できるはずです。
   
◇インフォーマル・ディスカッション・ミーティング
  ◯乾 杯(増田会長)
   名古屋東ロータリークラブのますますの発展と、皆様のご健勝を祈念して乾杯したいと思います。乾杯!
   
  ◯食事・各委員会につきディスカッション
  2645-2
  2645-3
  2645-4
   
  ◯閉会挨拶(西川副会長)
  2645-5
   話が盛り上がっていますが、締めの話を。八勝館には昔、ゴルフの練習場がありました。僕は13歳からゴルフをやっていまして、中学生のころ反抗期でしたが、親父が「今日、練習行くぞ」と言うと付いて行きました。
 昔のグリップと、今のグリップは変わっています。60歳過ぎの方は、新しい人に教えてもらうといいと思います。
 では、皆さんの健康と会社の発展を祈念して、「手に手つないで」で終わりたいと思います。
   
  ◯“手に手つないで”
  2645-6
   
◇次回例会(3月28日)
  “CISVプログラムによる青少年の国際交流活動”
公益社団法人CISV日本協会東海支部支部長
大門樹久世 氏 (紹介者 松宮弘明 君)
   
◇次回会合
  第9回理事役員会(3階 「松竹の間」)
PAGETOP