第2631回例会(2015.11.9) 第2631回例会(2015.11.9)

第2631回例会  平成27年11月9日(月)晴 優良従業員表彰
A  
◇“それでこそロータリー”
   
◇出席報告
  会員:89名  出席:71名
出席率:79.78%
前々回(10月26日)修正出席率(83名):91.57%
   
◇ゲスト紹介
  会員事業所従業員の方々7名
   
◇誕生日祝福
  一柳君(11/3)、山田(信)君(11/10)、水野(勤)君(11/13)、神谷君(11/14)、林君(11/15)
   
◇ニコボックス
  本多君 優良従業員表彰を受けさせて頂きます。
山田(信)君 優良従業員表彰にてお世話になります。誕生日祝
清水君 本日18時半よりたべあるきの会です。参加予定の方はお忘れなく。
新実君、多和田君、鈴木君、安井君 ニコボックスに協力します。
寺尾君 岩口さん、野原さんにお世話になりました。
水野(勤)君、一柳君、神谷君、林君 誕生日祝
奥村君、根木君、真木君、平松君 結婚記念日祝
   
◇囲碁同好会よりお知らせ
   本日「3階 梅の間」にて開催致します。
   
◇親睦活動委員会よりお知らせ
   本日午後6時30分より「可ん寅」にて、たべあるきの会を開催致します。
   
◇岩口幹事報告
   次回例会は「1階 シャンボール」で行います。例会終了後には「指名委員会」がございますので、「歴代会長・幹事、現副幹事の方」はご出席頂きますようお願い致します。
   
◇増田会長挨拶
   従業員表彰を受けられる皆さん、又、記念品を受けられる方、ようこそお越しくださいました。また、ご推挙いただきました会員の皆様には感謝申し上げます。
 通常の例会では、会長挨拶の後、30分の卓話の時間があります。講師の話しに耳を傾け、己を磨く時間です。つまり、初めの30分は食事をしながら、会員同士の親睦を温め、後の30分は卓話を聞いて己の身の至らないところを自覚し、人として向上を図る時間です。まさに「人づくりロータリー」と言われる所以です。
 ロータリーに「入て学び、出て奉仕」という言葉があるように、昔は実業人のために作られたクラブでした。例会の後、自分の職場に戻り、己の職業を通して社会に奉仕するという理念の下に、ロータリーの実践活動が行われてきました。「職業ロータリー」という言葉はここから来ているものと思われます。
 ロータリークラブは1905年、アメリカ・シカゴにて産声をあげました。当時のシカゴは、産業革命以後に発達した資本主義が悪い状況を呈し、騙す方より騙される方が悪いというような劣悪な社会環境であったようです。
 そのようなシカゴの街で法律事務所を開設していた若干37歳のポール・ハリスは、1905年2月23日、友人たち4人で、安らぎと友情を深めることができる職業人のクラブをつくる基本的構想を練り、3月23日、9名でシカゴロータリークラブが誕生しました。
 発足当時、「親睦」の文字のみで、奉仕という概念は入っていません。やがて、会員が増えるに従って、会員相互の事実上の利便を図り合う物質的相互扶助の考えが加わりました。
 これには、世間から批判を浴びるとともに、ロータリアンからも是正する動きが起きました。これがドナルド・カーター事件です。
 ドナルド・カーターは世のため人のためを目指す、奉仕を考えたクラブでないといけないという考え方をシカゴクラブに植え付けた方です。
 1907年、ポール・ハリスが3代目の会長に就任し、翌年1月、後に奉仕の理念を提唱するアーサー・フレデリック・シェルドンと、ポール・ハリスをしてロータリーの建設者と言わしめたチェスリー・ペリーが入会しました。
 そして、ポール・ハリスが2期目の会長のときに問題が起きました。突然提唱された社会奉仕の理念と、会員に大きな利益をもたらしてきた物質的相互扶助の乖離が大きく、親睦・互恵派と奉仕派の間で論争が起きました。その激しさは想像を絶する程だったようで、ポール・ハリスは2期目の任期途中で会長を辞任しました。
 そんなシカゴクラブの事態を憂慮したチェスリー・ペリーは、全国のロータリークラブの代表を集めて問題を話し合い、その解決策として全米ロータリークラブ連合会の設立を決めました。奉仕拡大派の活動の場は、全米ロータリークラブ連合会へと移っていきます。
 1910年、シカゴで第1回の全米ロータリークラブ連合会の大会が行われ、職業奉仕理念「He profits most who serves his fellows best(最もよく奉仕する者、最も多く報いられる)」という文章が初めて公表されました。翌年の第2回の連合会で「He profits most who serves best」の奉仕理念として採択されました。
 ロータリークラブがどのようなものかお分かりいただけましたでしょうか。今日、表彰を受けられる皆様方も上司の意を汲んで、自分の仕事が社会に貢献しているものだという職業奉仕の心をもって仕事に励んでください。本日は本当におめでとうございます。
   
職業奉仕委員会行事 優良従業員表彰・記念品贈呈
 
   
  ○浅見 勲 職業奉仕委員長挨拶
   職業奉仕委員会では毎年、会員事業所に15年以上勤続で、他の模範となる従業員の方に表彰状と記念品を、又、一般従業員の方には記念品を贈呈しています。
 表彰を受けられる皆様、本日はおめでとうございます。
   
  ○優良従業員に感謝状・記念品贈呈
 
No. 推 薦 者 推 薦 事 業 所 被推薦者氏名 年齢 勤続年数
1 馬場善志雄 東海警備保障株式会社
技術課 課長
小林 洋一 48 24
2      〃      
営業管理部 次長
江場 隆司 46 20
3 本多  満 ホンダロジコム株式会社
  課長
石原 健二 53 30
4 増田 浩男 医療法人 浩蘭会
 デンタルオフィス増田

主任 衛生士
奥村 凉子 37 15
5 渡辺 英信 宗教法人 龍興寺
 瑞雲保育園
 調理員
齊藤 由紀 42 16
6 山田 信二 株式会社 セキソー 課長 谷川 啓史 48 28
   
○一般従業員に記念品贈呈
 
本多  満 ホンダロジコム株式会社 リーダー 福代 勇太 32 
   
◇例会変更(10月19日(木)~27日(金))
  19日(木):瑞穂RC、東山RC
24日(火):城北RC
25日(水):東南RC
27日(金):北RC
   
◇次回卓話(11月16日 “友愛の日” シャンボール)
  “インド E-タブレット教育支援事業 中間報告”
会員 本多 満 国際奉仕副委員長
   
◇次回会合
  指名委員会(3階 松竹の間 次年度理事役員(案)検討)
PAGETOP