第2624回例会(2015.9.7) 第2624回例会(2015.9.7)

第2624回例会  平成27年9月7日(月)雨 夜間例会・新会員歓迎会
A  
◇“君が代” “我等の生業”
   
◇出席報告
  会員:89名  出席:64名
出席率:71.91%
前々回(8月24日)修正出席率(81名):90.12%
例会変更ビジター:17名
   
◇誕生日祝福
  古川(善)夫人(9/12)
   
◇ニコボックス
  川浦君、髙田君 歓迎会を開いて頂き、ありがとうございます。
増田君 新会員をお迎えして。本多さんより写真を頂きました。
清水君、水野(茂)君 新会員歓迎
加藤(義)君 新会員歓迎会よろしくお願い致します。
澤井君 明日、人間ドックのため残念ながら二次会に参加できません(涙)
小田君 本多満さんより写真を頂きました。
カルマノ君 インドネシアより無事、帰国しました。
西川君 今週北海道ツアーに行きます。
寺尾君 松宮さんにお世話になりました。
後藤君 増田さんにお世話になりました。
新実君、鈴木君、安井君 ニコボックスに協力します。
古川(善)君 夫人誕生日祝
   
◇囲碁同好会よりお知らせ
   次回例会終了後「囲碁同好会」がございますのでよろしくお願い致します。
   
◇岩口幹事報告
   次回例会終了後、2週繰り上げで「理事役員会」がございますので、理事役員の方はご予定頂きますようお願い致します。
   
◇増田会長挨拶
  2624-1
   今日は新会員のためにロータリーの話をします。
 新会員の皆様は、ロータリーの目的と聞かれて答えられるでしょうか。私は入会して20年ほどになりますが、2年前はきっと答えられなかったと思います。
 その答えは、本クラブのクラブ計画書に書かれています。ロータリーの目的は「意義ある事業の基礎として奉仕の理念を推奨し、これを育むことにある」とあります。英語の原文を直訳したため、このようなわかりづらい文章になったようです。
 「意義ある事業の基礎として」は職業奉仕の概念を入れるためのものなので無理に訳さず、ロータリーの目的は、「奉仕の理念を推奨し、育むことである」で十分な説明になっていると思います。
 そして、奉仕の理念は、前にも申しましたが、藤岡C.C.の18番目の俳句、「長き旅 行きつくところ 忘己利他」の人生哲学です。具体的には「最も多く奉仕する者、最も多く報いられる」の職業奉仕の理念と「超我の奉仕」、この2つが奉仕の理念と考えてよいと思います。
 さて、今年度の新会員は2名です。東ロータリーは皆様方を心より歓迎致します。
 私は入会する前、ロータリーについて金持ちの社交場という認識しかありませんでした。しかし、入会すると、異業種の人々と顔を合わせることによって、より信頼できる人間関係が築けることを知りました。そして、ロータリーのことを勉強して、ロータリーとは己の心を磨くことだとわかりました。
 新会員の皆さんにお願いしたいのは、良き仲間との出会いを大切にすることと、ロータリーの奉仕の理念の大切さ、つまり、ロータリーの心を理解して頂きたいということです。
   
◇開 会(司会 加藤義彦 親睦活動副委員長)
   
◇歓迎挨拶(清水恭一 親睦活動委員長)
  2624-2
   私が入会したときは、ロータリーの目的はあまり意識になくて、「ロータリーは親睦である」と教えられましたが、世の中は変化して、当クラブもいろいろな形で奉仕活動を行うようになりました。
 今日は、我々男性だけの会合です。二次会もあります。新会員を囲みながら、新会員のみなさんには奉仕の前に親睦をたっぷり味わっていただいて、一晩いいひと時を過ごせたらと思います。どうぞよろしくお願い致します。
   
◇新入会員紹介
 (司会 松宮弘明 親睦活動委員 橋本みのり ZIP-FMアナウンサー)
   
◇乾杯(古川善次郎 元会長)
  2624-3
   東ロータリークラブの益々の発展と、新会員が1日も早く融和されますことを祈念して乾杯します。乾杯!
   
◇歓 談
   
◇新会員紹介(自己紹介とインタビュー)
  2624-4
  髙田政治
   
  2624-5
  川浦正義
   
◇閉会挨拶(西川誠也 副会長)
  2624-6
   今年度の新会員は骨っぽい2人です。
 髙田さんは、スクラッチプレーヤーと言っていますが、ロータリーではプラス7、パープレーでまわっても79というスコアになると思います。そんなゴルフの超一流が入りましたから、東RCのメンバーのスコアは今年、5ストロークは良くなるだろうと思います。
 川浦さんは、企業研修向けの座禅もされています。会社が順調なときほど企業研修をしていただいて、足元をしっかりさせたら良いかと思います。
 今日は短い時間でしたが、本当に楽しい会でした。ありがとうございました。
   
◇“手に手つないで”
  2624-7
◇次回卓話(9月14日)
  “天気と痛み”
名古屋大学動物実験支援センター 教授
佐藤 純
(紹介者 増田浩男 君)
PAGETOP