第2619回例会(2015.7.27) 第2619回例会(2015.7.27)

第2619回例会  平成27年7月27日(月) 晴
A  
◇“手に手つないで”
   
◇出席報告
  会員:88名 出席:72名 出席率:81.82%
前々回(7月6日)修正出席率(82名):92.68%
   
◇ゲスト紹介:1名
   
◇ビジター紹介:1名
   
◇誕生日祝福
  梅村夫人(7/17)、カルマノ君(7/23)、椙山君(7/27)、濵夫人(7/28)、澤井君(8/1)
   
◇ニコボックス
  増田君 100%出席表彰おめでとうございます。奉仕に協力します。100%出席
田島君、笹野君 根木さんにお世話になりました。100%出席
各務君、松宮君、寺尾君、棚橋(賢)君
 根木さんにお世話になりました。ニコボックスに協力します
宮島君 宮崎のゴルフで根木さんに大変お世話になりました。
      ニコボックスに協力します
浅見(勲)君 清水さんにお世話になりました。ニコボックスに協力します
池戸君 國府谷さんにお世話になりました。ニコボックスに協力します
鈴木君 平松さんにお世話になりました。100%出席
髙田君 良い事がありました
松田君 8月19日ローターアクト会合で濵洋一さん出席応援ありがとうございます。
      ニコボックスに協力します
カルマノ君 オーストラリアより無事、帰国しました。誕生日祝
柏木君 麻雀で優勝しました。100%出席
真木君 東風会年間優勝しました。100%出席
末岡君 ニコボックスに協力します
岡本君 東風会年間賞について山田信二直前会長のお世話になりました。
      ニコボックスに協力します
梅村君、濵君 夫人誕生日祝。ニコボックスに協力します
椙山君、澤井君 誕生日祝。100%出席
生島君 結婚記念日祝。ニコボックスに協力します
馬場君、藤原君、福谷君、古川(善)君、後藤君、本多君、本田君、岩口君、神谷君、水野(茂)君、水谷君、根木君、野原君、小田君、澤村君、千田君、清水君、宇佐美君、渡辺(英)君、山田(信)君、山田(哲)君、栁澤君、安井君 100%出席
安達君、安藤(東)君、安藤(茂)君、浅見(敏)君、古川(博)君、平松君、鏡君、加藤(坂)君、加藤(義)君、國府谷君、西川君、野田(剛)君、小川君、大野君、刑部君、佐治君、嶋谷君、鋤納君、鷲見君、高橋君、棚橋(鎌)君、多和田君、寺田君、東谷君、余語君 ニコボックスに協力します
   
◇岩口幹事報告
 
1.  本日例会終了後3階 萩の間にて「第1回理事役員会」がございます。
2.  次週8月3日は「桜花学園高等学校インターアクトクラブ例会招待」です。当日は“友愛の日”形式で、卓話はございません。
   
◇2014~2015年度100%出席者表彰
 
56年 古川善次郎君    
2619-1
53年 水谷 守一君    
44年 椙山 正弘君    
43年 澤村  広君    
36年 宇佐美嘉重斌君    
29年 真木  昭君    
28年 千田  毅君 本田伸太郎君 栁澤 幸輝君
2619-2
27年 本多  満君    
24年 水野 茂生君    
23年 清水 恭一君 柏木  功君 福谷 正男君
20年 山田 信二君 増田 浩男君  
16年 鈴木 建吾君    
12年 渡辺 英信君    
11年 後藤 章信君    
10年 ミカエル・カルマノ君    
2619-3
9年 神谷  忠君 小田 義彦君  
7年 岩口 孝一君 伊藤 雄太君  
6年 根木 正美君 安井 元司君 馬場善志雄君
4年 野原 秀雄君 澤井 利之君  
3年 山田 哲也君 田島 保紀君  
2年 稲葉  功君    
1年 奥村 哲司君 笹野 暢宏君 藤原 浩章君
ホームクラブ 神谷  忠君 伊藤 雄太君 安井 元司君
2619-4
   
◇増田会長挨拶
   本日は100%出席表彰の日です。対象者の方々には心よりお喜び申し上げます。
 今年は、1905年にロータリークラブが産声を上げて110年の節目の年に当たります。
 1900年代初頭のシカゴは、資本家の欲望が労働者をむしばみ、事業主は無秩序な自由競争に奔走していました。
 そんなシカゴの街で法律事務所を開設していた、若干37歳のポール・ハリス。1905年2月23日の夕方、友人であり顧客である、石炭商のシルベスター・シールとイタリア料理店で食事をしたとき、殺伐としたシカゴの街で安らぎと友情を深めることができる職業人のクラブをつくることを議論し、意気投合しました。そして、鉱山技師のガスターバス・ロア、洋服商のハイラム・ショーレーを加えて、基本的構想を練ったと言われています。
 1905年3月23日、9名でシカゴロータリークラブが誕生しました。初期のクラブは、親睦と物質的相互扶助の2つの概念がありました。物質的相互扶助とは、会員同士の取引でお互いを助け合おうという考え方です。現在とは違い、お互いの商売の取引に利用しようとする会員同士の互恵取引が積極的に行われていたようです。
 しかし、フレデリック・ツゥイードが特許弁理士のドナルド・カーターに入会を勧めたところ、「親睦と相互扶助だけを考えて、世のため人のためを考えないクラブは永続性がない」と断られました。ツゥイードはその通りだと思い、クラブで一緒に行動するように説得し、カーターは入会しました。そして、1906年12月に定款第2条(目的)に、「シカゴ市の最大の利益を促進し、忠誠心を市民の間に広げること」という社会奉仕の一節が付け加えられました。
 1907年、ポール・ハリスは3代目の会長に就任しましたが、2期目のときに問題が起きました。当時、会員の大部分は親睦と物質的相互扶助を目的として入会しましたが、会長方針は職業奉仕、社会奉仕、並びにロータリークラブの拡大であったため、親睦・互恵派と奉仕派の間で激烈な論争が展開され、ポール・ハリスは2期目の任期途中で会長を辞任します。
 その後、親睦派と奉仕・拡大派の対立の問題を解消するため、シカゴクラブと15の子クラブの16RCの代表者が問題を話し合い、その解決策として全米ロータリークラブ連合会の設立を決めました。
 これを境に奉仕拡大派の活動の場は全米ロータリークラブ連合会へと移って行きます。
 ただ、連合会において物質的相互扶助をなくしたわけではありません。連合会は全米に広がったロータリアン同士の物質的相互扶助を積極的に支援しました。定款からその項目が消えるのは1912年になってからです。
   
 
8月行事予定(会員増強拡大月間)
3日(月)  “友愛の日”・卓話無し
 桜花学園高等学校IAC例会招待
6日(木)  地区内RC研修・情報委員長会議
 
(14時 名鉄グランドホテル)
7日(金)  地区ロータリー財団セミナー
 
(12時 東急ホテル)
10日(月)  囲碁同好会(3階 梅の間)
17日(月)  〈定款により休会(第1回目)〉
18日(火)  市内RC社会奉仕委員長会議
 
(14時30分 ガーデンパレス)
19日(水)  ゴルフ例会(8時21分 藤岡CC)
 第1回合同RA委員会・名北RC名城RAC合同例会
 (17時 アパホテル)
20日(木)  東風会(17時 八事八勝館)
31日(月)  第2回理事役員会(3階 松竹の間)
◇次々回卓話(8月10日
  “新生大須演芸場”
大須演芸場支配人 矢崎通也
(紹介者 加藤義彦 君)
PAGETOP