第2609回例会(2015.4.27) 第2609回例会(2015.4.27)

第2609回例会  平成27年4月27日(月) 晴
A  
◇“我等の生業”
   
◇出席報告
  会員:88名 出席:70名 出席率:79.55%
前々回(4月13日)修正出席率(81名):92.59%
   
◇ゲスト紹介
  名古屋市幼児教育研究協議会会長 加藤智子氏
   
◇ビジター紹介:2名
   
◇誕生日祝福
  岡本夫人(4/23)、佐治夫人(4/29)、澤夫人(5/4)
 
◇ニコボックス
  名古屋東山RC 松野一彦君
      ガバナー補佐訪問、I.M.では大変お世話になりました
名古屋葵RC 藤田義明君 次年度ガバナー補佐訪問よろしくお願い致します
山田(信)君 名古屋東山RC 松野一彦君、名古屋葵 RC藤田義明君を
         お迎えして。中国より無事帰国しました
岩口君 スピーカーを紹介させて頂きます
西川君 5月1日より三重県南伊勢町の廃校利用で宿泊施設《海ぼうず》の
      管理人になりました。津波の避難所ですが、日々集客して管理する
      ことで任せられました。研修やスポーツ合宿に利用できます。
      ご指導お願いします
柏木君 棚橋さんにシンガポールでお世話になりました
加藤(義)君、國府谷君
    
 名古屋市幼児教育研究協会へのご厚情ありがとうございます)
加藤(坂)君、増田君 奉仕に協力します
新実君、棚橋(賢)君、カルマノ君、稲葉君、水野(茂)君、小川君
    ニコボックスに協力します
岡本君、佐治君 夫人誕生日祝
澤君 夫人誕生日祝、結婚記念日祝
各務君、馬場君、安藤(東)君、池戸君 結婚記念日祝
   
◇雑誌委員会よりお知らせ(平野委員長)
   今月は国際ロータリーの雑誌月間です。本年度の地区の雑誌委員長が非常に意欲的でして、『ロータリーの友』の読書率を上げるために、この地区からの投稿を増やすことを提案されています。
 また、雑誌委員会のメンバーからは、雑誌委員が「これは面白い。是非紹介した方がいいだろう」という記事について毎月例会でお話をするという提案がありました。山田会長からのおすすめもありまして、それを7月から実施しています。
 投稿はまだ実現していませんが、おすすめした記事の方はいかがでしょうか。是非お読みいただきたいです。
 さらに、ホームページには『ロータリーの友』について詳しく書いてあるので、是非こちらもご覧になって下さい。私も見ましたが、雑誌の成り立ち、どのようにして縦書きと横書きのある今の形になったかなど、本当にいろいろなことが書いてあります。
   
◇奥村幹事報告
 
1.  本日例会終了後「臨時総会」がございますので、会員の方はそのままお残り頂きますようお願い致します。
2.  臨時総会終了後引き続きこの会場で「理事役員会」がございますのでよろしくお願い致します。
3.  5月10日(日)キャッスルで「次年度の為の地区研修・協議会」がございますので、出席義務者の方はよろしくお願い致します。
4.  次回例会は「5月11日(月)」になります。
   
◇来訪挨拶
  2609-1
  ○松野一彦 今年度東名古屋分区ガバナー補佐(東山RC)
   本年度も残り2か月になりましたが、ガバナー補佐訪問、そしてI.M.では大変お世話になりました。
 ガバナー補佐として何もできなかったですが、ただ一つ私としてやれそうなことは、各クラブに4回訪問してみなさんと会話をすることです。初めはガバナー補佐訪問、2回目はI.M.で、3回目が6RC合同例会、そして今日で4回目になります。
 いろいろお世話になりました。ありがとうございました。
  ○藤田義明 次年度東名古屋分区ガバナー補佐(葵RC)
   私が葵RCの会長になったのは創立2年目、ロータリアンになっても2年目で、その時のガバナー補佐は千田毅さんでした。
 それから8年経ちまして、今年でクラブ創立10年、私もロータリアンとして10年です。今回、ガバナー補佐という役をお受けすることになりました。未熟者ですが、1年間頑張って行きたいと思います。
 名古屋東ロータリークラブさんには9月28日(月)にガバナー補佐訪問をさせて頂く予定です。その際はよろしくお願い致します。
   
◇社会奉仕委員会事業:名古屋市幼児教育研究協議会へ協賛金贈呈
  ○カルマノ委員長
   毎年、社会奉仕委員会の活動の一環として、名古屋市幼児教育研究協議会に協賛金を贈呈しています。
  ○加藤智子協議会会長
  2609-2
   今日はこのような協賛金をいただきましてありがとうございます。名古屋の子どもたちのために大事に使わせて頂きたいと思います。ありがとうございました。
   
◇山田会長挨拶
   本日は東名古屋分区の本年度松野ガバナー補佐と次年度藤田ガバナー補佐にお越しいただき、ご挨拶をいただきましてありがとうございました。特に松野ガバナー補佐におかれましては本年度1年間おつかれさまでした。
 この度、社会奉仕活動の一環として名古屋市幼児教育研究協議会へ協賛金の贈呈をさせていただきました。幼児教育の充実・発展を目指す研究の協賛のために昨年より行っている大切な奉仕活動行事の一つです。
 さて、今月は雑誌月間です。平野雑誌委員会委員長からお話をいただきありがとうございました。毎月、各委員持ち回りで『ロータリーの友』から興味ある記事の紹介をいただいています。ロータリー活動への理解と認識を深めるための素晴らしい企画に心から感謝しています。残り2か月よろしくお願いします。
   
◇講 演
  “精神疾患の基礎的理解”
(医)静心会 桶狭間病院 藤田こころセンター
医療福祉相談室 玉腰 聡樹
(紹介者 岩口孝一 君)
  2609-3
   精神病について皆さんどのようなイメージをお持ちでしょうか。「自分には関係ない」「心の弱い人がかかる」と、お考えでしょうか。
 日本では16年連続で、年間約3万人が自殺しています。日本人の死因の7位が自殺です。そして、20歳から39歳の死因の1位も自殺で、4割を占めています。そして、その半分がうつ病にかかっていたと言われます。
 発症に関する要因は、状況の変化によるストレス、たとえば職場での異動や退職、昇格、結婚、出産などです。また、親しい人との死別というものもあります。
 加えていうと、元々の性格、非常にまじめで几帳面で、融通が利かないという方は、うつ病になりやすい性格といえます。
 精神疾患の患者さんは320万人います。がんの患者は150万人、糖尿病は230万人。それを考えるとはるかに多く、実に40人に1人が精神疾患にかかるわけです。決して、皆さんがかからない病気ではありません。
 だからこそ、正しく理解をしていただいて、障害があってもなくてもみんなが協力して暮して行けるような社会を作って行くことが重要だと思います。
   
 
クラブ臨時総会
議案 クラブ細則成文化の件
議決
理事役員会より提案されたクラブ細則の
成文化を承認
   
◇次回卓話(5月11日)
  “「私の心に残るロータリー体験を語る月間」に因んで”
会員 本田伸太郎
会員 真木   昭
   
◇次回会合
  囲碁同好会(3階 尚古の間)
PAGETOP