第2595回例会(2015.1.5) 第2595回例会(2015.1.5)

第2595回例会  平成27年1月5日(月) 晴
A  
◇“君が代” “それでこそロータリー”
   
◇出席報告
  会員:88名 出席:64名 出席率:72.73%
前々回(12月15日)修正出席率(83名):81.93%
   
◇ゲスト紹介:米山記念奨学生 石 宝 君
   
◇誕生日祝福
  鋤納夫人、平野夫人(1/1)、笹野夫人(1/2)、笹野君、山田(哲)夫人(1/3)、古川(博)君、嶋谷君(1/4)、水野(茂)夫人(1/11)、鈴木君、多和田君(1/17)
   
◇ニコボックス
  本多君 本年もよろしくお願いします。年賀状を頂いた方にお礼申し上げます。
      ニコボックスで返事に代えさせて頂きます。
奥村君 明けましておめでとうございます。幹事の役職も残すところ半年を切りました。
      本年もよろしくお願い致します。
岡本君 本年もよろしくお願いします。奉仕に協力します。
柏木君 本年もよろしくお願いします。
      昨年は米山奨学にご協力ありがとうございました。
古川(善)君、千田君、澤君、末岡君、余語君、浅見(勲)君、栁澤君、清水君、小田君、野田(剛)君、後藤君、各務君、佐治君、國府谷君、馬場君、小川君、一柳君、安井君、伊藤君、稲葉君、野原君
      
明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。
笹野君 本年もよろしくお願いします。誕生日祝、夫人誕生日祝。
水野(茂)君、平野君 本年もよろしくお願いします。夫人誕生日祝。
鈴木君 本年もよろしくお願いします。誕生日祝。
古川(博)君、嶋谷君、多和田君 誕生日祝
鋤納君、山田(哲)君 夫人誕生日祝
   
◇雑誌委員会よりお知らせ(鋤納委員)
   昨年12月の例会で『ロータリーの友』の記事のご案内をする予定でしたが、インフルエンザにかかりまして2週間ほど寝ていました。申し訳ありませんでした。
 私は予防接種をしたのでインフルエンザにならないと思っていましたが、近くのクリニックに行っても体調がおかしいので、病院に行って検査を受けたところ、インフルエンザで、「もう少し高熱が出たら肺炎になるので気をつけてください」と言われました。予防接種したものと型が違うそうです。
 病院から家に帰って来て2時間へたり込んで朦朧としていました。連絡しないといけないところがありましたが、電話ができなくなりました。インフルエンザは恐ろしいものです。ウイルスをどこでもらってきたか全然わかりません。人混みの中へ行かないという基本原則を守っていますが、それでもかかりました。
 今月の『ロータリーの友』63ページにインフルエンザについての記事があります。これをしっかり読んで、インフルエンザに気をつけてください。
   
◇米山記念奨学生・石 宝 君より挨拶
   皆様、明けましておめでとうございます。昨年はいろいろお世話になりました。今年もよろしくお願い致します。
 私は2007年に日本に参りまして今年で8年目になります。ほとんど毎年、初詣に神社へ行きます。今年も名東区の日吉神社に行って参りました。日本の神様のおかげで家族も健康で、私の学業も順調に進んでいます。
 これからも日本の文化を理解し、日本と中国の架け橋になっていきたいと思います。どうぞよろしくお願い致します。
   
◇米山奨学委員会より挨拶(柏木委員長)
   昨年は多数の方から米山奨学事業にご協力いただきまして、本当にありがとうございました。準米山功労者6名を含む、13名の新しい方にご協力をいただきました。
 来年度も多くの留学生が勉学、研究に打ち込めるために、ご協力をいただきますよう、よろしくお願い申し上げます。
   
◇奥村幹事報告
   次週「1月12日」は「成人の日の為休会」ですので、次回例会は「1月19日」になります。尚、19日は立食形式になりますのでよろしくお願い致します。
   
◇山田会長挨拶
   皆さん、明けましておめでとうございます。
 新年初めての例会を、たくさんの会員の皆さんのご出席を得て開催できましたことに、厚くお礼申し上げます。
 平成27年の年明け三が日は、たいへん寒く雪交じりの天気でありましたが、ご家族おそろいでよいお正月をお迎えのことと存じます。あいにくの天気で、元旦の熱田神宮の初詣客は例年の1割減だったそうです。
 我が家では元旦の午前中の晴れ間を利用して、実家近くの氏神様の城山八幡宮へ出かけ、昨年一年の無事のお礼と今年の平穏をお願いしてきました。皆様の初詣はいかがでしたか。
 この初詣の習慣はそれほど古くなく、江戸時代までは元旦の「恵方参り」のほか、正月月末にかけて信仰対象の初縁日に参詣することが盛んであったといわれています。恵方・縁日にこだわらない新しい正月参詣の形である「初詣」は、鉄道の発展と関わりながら明治時代中期に成立したと言われています。
 さて、今年の経済につきましては、昨年末の総選挙での、自民・公明与党の圧勝により、引き続き、いわゆる“アベノミクス”が推進されることと思います。地方創生、生活支援など、地方の活性化と消費喚起の施策も検討されております。
 現在、為替においては、円安となっておりますが、従前のように、円安といっても、単純に、輸出増加につながるというものではなくなってきております。
 私どもの自動車業界においても、円安だからといって、国内で生産した自動車・自動車部品の輸出が、単に増加するわけではありません。米国では、原油価格低下により、大型車の売れ行きが復活、一方で小型車に主力をおく日本車の販売には陰りが見えております。
 昨年度、トヨタ自動車の世界販売は、暦年で1千万台を超えたと聞いております。国内生産が増えたわけでなく、海外現地での生産増加によるものであります。国内においては、環境志向が強く、ハイブリッド装着車が、小型車からレクサス車、SUVにまでラインアップ展開されております。
 消費増税の導入時期の延期が販売にどう影響してゆくか気になるところではあります。
 すでに、自動車・自動車部品業界は、地産地消の考えのもとに海外現地生産化を進めており、この基調を変えることはできないと考えております。為替変動がどうあろうと、継続してグローバル生産活動を展開して行かざるを得ません。一方で、国内生産の減退、すなわち国内の空洞化は避けられないことと予期し、備えておく必要があると考えております。
 国内における新製品開発力をさらに高める一方でモノづくりの原点に戻り、つくり方の改革、生産性をさらに高めてゆくことが使命であると考えています
 本年が皆様方にとりまして素晴らしい年でありますよう祈念します。本年もよろしくお願いいたします。
   
◇乾杯(古川博三郎会員)
   東ロータリークラブの益々の発展と、本日ご出席のみなさんのご健勝を祈念して乾杯を致します。乾杯!
  2595-1
  2595-2
   
◇次回卓話(1月19日 “友愛の日”)
  “私の職業について”
会員 宮島 栄一
(第一ハウジング(株) 代表取締役)
   
◇次回会合
  囲碁同好会(3階 梅の間)
PAGETOP